クリエイティブな生成AI

生成AIとその他のタイプのAIの比較

各種人工知能(AI)、それらと生成AIとの比較、アドビがAdobe Creative Cloudアプリで生成AIをどのように活用しているかをご覧ください。

各セクションへのリンク

私たちは常にAIについて気にかけています

何世紀にもわたって、人類は神話やフィクションの中で人工知能を思い描いてきました。ギリシャ神話に登場するクレタ島を守った巨大な青銅のオートマトン(自動機械)であるタロスから、『2001年宇宙の旅』の宇宙船を制御するHALに至るまで、私たちの想像力は、人間が作り出したインテリジェントマシンというアイデアに魅了されてきました。

 

今やAIテクノロジーは日常生活の一部となっており、データを分析し、予測を立て、生産性を向上させることを担っています。ごく最近では、生成AIの形で、アートの制作を手伝ってくれます。

人工知能とは

人工知能は、機械による人間の知能のシミュレーションです。古代の神話化と人間のように行動できる機械を作成する何世紀にもわたる努力にもかかわらず、機械学習が初めて実用化された例は、1951年にマンチェスター大学が制作した人間のプレイヤーに勝つレベルまでプレイ方法を学習したチェッカープログラムでした。これが最古のゲームAIでした。

 

今やAIはどこにでもあります。特に携帯電話やモバイルアプリでは、顔認識、音声認識、スパムフィルタリング、文法提案、言語翻訳などの一般的なタスクを担っています。

3つのタイプのAI

すべてを1つで担うようなAIは存在しません。私たちが文書作成、会計処理、デジタル合成に様々なコンピュータープログラムを使用しているのと同じように、様々な目的の達成のために、様々なことを担う、様々なタイプのAIが存在します。いつでも出会う可能性のあるAIのタイプは、3つの基本的なカテゴリに分類されます。

ナロー(特化型)AI

このタイプのAIは特定のタスクを担いますが、それ以上のことは学習しません。画像認識、自然言語処理、画像生成は、ナローAIの一種です。Siri、Googleアシスタント、AlexaもナローAIの一種です。音声コマンドを理解して応答することはできますが、正確な医療診断をおこなうことはできません。

リアクティブマシン

その名前が示すように、これらのマシンは、仮想チェス盤上のチェスの駒の動きなどの刺激にのみ反応します。これらは、リミテッドメモリーAIマシンのように、将来取り出せる記憶を構築するわけではありませんが、デジタルライフの便利な部分です。リアクティブマシンの例として、スパムフィルターや、ユーザーの行動を記録し、次に見るべきものや購入する商品を提案するおすすめシステムが挙げられます。

リミテッドメモリーAI

AI開発におけるリアクティブマシンの次のステップであるリミテッドメモリーAIは、知識を格納して学習し、学習した内容にもとづいて新しいタスクを実行できます。このタイプのAIは予測を立てるのに便利で、金融から天気まであらゆる分野の将来の傾向を予測するために使用されます。これは現在使用されている最も一般的なタイプのAIであり、チャットボットや自動運転車に搭載されています。

植物で覆われた建物

生成AIが適合する場面

生成AIはナローAIのサブセットですが、あらゆるタイプのコンテンツのクリエイターに幅広い可能性をもたらします。膨大なデータセットを学習させた生成AIは、学習したデータのパターンを認識し、学習した内容から結論を導き出します。これでテキストによる指示を受け取り、その機械学習を適用して新しいパターンを作成し、今までにない新しいものを生み出せるようになります。

 

生成AIの魅力は、その使いやすさです。簡単なテキストプロンプトをフィールドに入力すると、ほぼ即時に結果が得られます。さらに、タスクの大小を問わず、生成AIは多くの場面で役立ちます。

 

Web開発者はコンピューターコードのバグを修正するために活用しています。企業はカスタマーサービスのチャットボットに使用しています。科学者は診断や研究に使用しています。教師、作家、アーティスト、ミュージシャンはアイデアを生み出し、新しいアイデアをすぐに試すために使用しています。

生成AIのタイプ

他のAIのサブセットが特定の目的のために構築されているように、生成AIには様々なタイプのコンテンツを生み出せるように、様々なタイプのモデルがあります。

テキスト生成

最も話題に上ることが多いAIの形態はおそらくテキスト生成で、チャットボットAIモデルは普及が進んでおり、定期的にニュースに登場します。これらのテキスト生成AIは、文章の校正からアンケート、コードの作成に至るまで、あらゆる場面で利用されています。

画像生成

Adobe Fireflyのような生成AIを使用すると、テキストプロンプトを画像に変換できます。アーティスト、コンテンツクリエイター、マーケティング担当者はこれを様々な用途で使用できます。画像生成AIには何億もの画像とキャプションを学習させているため、誰でも生成したい画像をテキストで説明し、その説明をベースに新しい画像を簡単に生成できます。

 

アーティストやデザイナーはこのテクノロジーを使用して新しいアイデアを生み出し、各イテレーションに何時間も費やすことなく、自分の作品をイメージする新しい方法を試すことができます。マーケティング担当者や個人のコンテンツクリエイターは、アーティストとしての経験が少なくても、美しい画像を短時間で生み出すことができます。

サウンド生成

画像生成AIには画像の膨大なデータセットを学習させているように、音楽生成AIには音楽やメタデータを学習させています。音楽のジャンルや特定のアーティストの作品のパターンを識別し、それらの特徴にもとづいて新しい音楽を作成できます。

動画生成

この形態の生成AIは、動画、サウンド、画像生成の3つの形態をすべて組み合わせたものです。オーディオ、動画、テキストが含まれるデータを学習させており、動画制作者が編集、キャプションの追加、出力先に合わせたサイズ変更にかける時間を節約するのに役立つ以外に、テキストプロンプトにもとづいて新しい動画コンテンツを生成することもできます。

スカイダイビングするカンガルー

テキストから画像生成のプロンプト:Ultra HD、スカイダイビングするカンガルー

アドビと生成AIの未来

現在は、Adobe Fireflyを画像生成AIとして使用し、テキストを画像に変換したり、テキスト効果を作成したり、独自の画像に要素を追加または削除したり、ベクターアートワークで新しいカラーバリエーションを作成したりできます。ただし、FireflyはPhotoshopやIllustratorなどのAdobe Creative Cloudアプリにも組み込まれているため、クリエイターは画像を簡単に変換し、長年にわたって使用されている高精度なツールを使用して、生成されたコンテンツを自分のコンテンツに自然に溶け込ませることができます。

 

近いうちに、テキストプロンプトからカスタムベクター、ブラシ、テクスチャを生成したり、わずかな言葉で動画内の天気を変更したり、3Dデザインをフォトリアリスティックな画像に変えたりできるようになるかもしれません。これまでの機能と今後予定されている機能を活用すれば、スキルレベルを問わず、あらゆるクリエイターが本来備わっている創造性をさらに広げ、アイデアを形にできるようになります。

この記事をシェアしましょう

Adobe Fireflyが登場

お使いのアドビ製品で、生成AIの強力な機能をご利用いただけます。

こちらもおすすめ

おすすめAIアートプロンプト
AIフォトエディター
絵画生成AI
生成AIが制作のあり方を変える