魅力的なInstagramキャプションの書き方

良いInstagram キャプションは画面を有効に使っています。テキストのスペースを有効に使い、しかも視聴者を引きつける方法を学びましょう。  

キャプション付きInstagram投稿の例

Instagramをわかりやすくするキャプション

Instagramのキャプションは、動画の最後の仕上げとなります。SNSで投稿を視聴してもらうのは、たやすいことではありません。キャプションを加えることで、内容を充実させてフォロワーを増やしましょう。

 

Instagram のフィードに投稿した動画に添えたキャプションでも、ストーリーズ画面のオーバレイテキストでも、その目的は投稿者と視聴者とがつながり、また視聴者が投稿者とつながりやすくすることにあります。つまり、視聴者を楽しませながら情報を伝え、興味を持ち続けるためのきっかけがキャプションなのです。しかも、ほとんどのユーザーは音を出さずに動画を見るので、キャプションの役割は大変大きいです。

 

マーケッターからキャプションのコツを得ましょう。「良いキャプションの3つのポイントは、読みやすいこと、視覚的にアピールすること、口語体であること、です」と語るのはインフルエンス・マーケティング・スタジオの CEOであるケイトリン・ローズさんです。タイミングと位置付けも重要なポイントです。

Instagramストーリーズを作成するための絵コンテ的なアプローチ

Instagram ストーリーズのキャプチャとキャプション

動画であっても静止画像であっても、魅力的なInstagramストーリーズはすべてアイデアから始まります。クリエイティブな作品を作るには、かなり綿密な計画が必要になります。他の投稿からコピーしてペーストするだけというのは避けましょう。

 

絵コンテから始める

「絵コンテは自分がしたいことを示す地図のようなもので、動画やリールを制作するのに大変役立ちます」とローズさんは言います。

 

ストーリーズは複雑な内容にしたくないので、まず新しいアイデアとキャプションの入った簡単な絵コンテを作ります。単発の投稿、または続けて出す投稿のためのストーリーラインを作ります。アイデアに関係のある重要な言葉、ハッシュタグ、有名な言葉、キーワードなどを書き出します。

 

他のキャプションのアイデアを参考にする

他の投稿者がどのようなキャプションを入れているのか参考にしましょう。それを基にコンテンツを作ってみましょう。Instagramに投稿された素敵な文章、ミームになりそうなリールなどInstagram のトレンド、新しいアイデアをたくさん得ることができます。自分のキャプションに影響を与えたコンテンツを使う際に、クレジットが必要な場合は、忘れずにクレジットを入れましょう。

 

人目を引く

人目を引くようなコンテンツは、視聴者に興味やアイデアを呼び起こします。映像を見た後に視聴者に何かしてほしいと呼びかけるのは、ストーリーズを作る上で通常の手段となっています。しかし、簡単な言葉を選択する必要があります。Instagram の短いキャプションは、視聴者の興味を誘います。スタイリッシュかつスマートに表現しましょう。

 

視聴者には長いコメントを求めないようにしましょう。Instagramの楽しいキャプション、または質問には次のような例があります。「アイスとホットのコーヒー、どちらがお好みですか?」または「冬のアイスクリーム:ウケる、それともウケない?」などは、簡単な質問で視聴者を惹きつける良い例です。

 

キャプションは難しいかもしれませんが、自己風刺的な内容は避けましょう。        

Instagram 良い投稿のポイント

良い投稿をするためのポイント

Instagram のキャプションでは、内容だけでなく、美的な感覚や投稿者の作品に対する自負も重要です。投稿するコンテンツを作成するにあたり、デザイン思考の基本的な考えを表現すると良いでしょう。

 

文章の段落と空間に注意する

文章作成はデザインの一要素であることを考慮しましょう。フィード投稿の下に出るキャプションでも、画像やイメージの上に重なるキャプションでも、自分の言葉はコンテンツを表す一部なのです。キャプションは見た目に綺麗であり、また人を惹きつけなくてはなりません。

 

文字数はできるだけ40文字以内に収めましょう。キャプションが長くなる場合は、短い段落にするか、ストーリーズ用の動画クリップに割り当てて使ってもよいでしょう。キャプションでは空間を活かることも重要です。画像は、文字で全て説明する必要はありません。友人と一緒にレストランで食事を楽しんでいる写真に「夏、美味しい食事、楽しい友達」と書く必要はありません。写真が全てを語ってくれます。

 

キャプションの位置を的確に決める

ほとんどの人はストーリーズの画像や動画の下にキャプションを入れますが、そのような必要はありません。画像の役目を妨げず、しかも人の注意を引くような位置にキャプションを入れましょう。

 

字幕を入れる場合は、Instagram の自動トランスクリプション機能が便利です。または、Adobe Premiere Pro に組み込まれる音声テキスト変換機能など便利なトランスクリプションサービスを推奨します。

 

視聴者への行動喚起を覚えておきましょう。Instagram の自己紹介に視聴者を誘導する時も、またNetflix の新番組をお勧めする時も、またはコメントで自分の意見を述べる時も、キャプションを使って効果的な行動喚起をしましょう。

 

軽妙なコンテンツ

コンテンツによっては、対処しにくい問題や難しい内容の場合があります。軽妙なコンテンツとは、決して深刻な内容を扱ってはいけない、という意味ではありません。これはコンテンツの流れをスムーズにし、会話的な内容を重要視するという意味です。「自分に忠実で、人間が好きということです。SNSでは、自分は他の人とどのように違うのか比較する傾向があります。他の人とのつながりを大切にしていれば、人とのつながりもスムーズにいきます」とローズさんは言います。

 

コンテンツに関わりなく、キャプションの付いた Instagram の写真、動画、ストーリーズは、視聴者に無理のない自然な感じを与えるようにしましょう。文字が密になっているキャプション、わかりにくい文章、または混乱を招く絵文字などは、視聴者の目にとまらないでしょう。わかりやすい言葉を使い、読みやすいフォントとレイアウトで文章を書き、カラーグラデーションのスライダーで見やすい文章にしましょう。

 

魅力あるキャプションを書く

含蓄のあるキャプションや可愛らしいキャプションは、動画と画像の魅力を高めます。話し言葉をそのまま書いたり、それを強調したりすると、文章にリズム感を加え、詩的な表現を足すことができます。同じ手法で、投稿したコンテンツが発信するメッセージをハイライトしたり、自分の意見の根拠を述べて、視聴者にアピールすることもできます。

Adobe Premiere ProでInstagram の投稿を編集する

Instagram 用動画をPremiere Proで編集する

ストーリーズに投稿する際に自撮りが良いか、または三脚を使った方が良いのか決める場合と同様に、後処理では色々な編集方法を試すことができます。投稿対象のプラットフォームが、Instagram、Facebook、またYouTubeかによって、画像などのサイズや縦横比を考慮する必要があります。

 

Premiere Proのオートリフレーム機能を使えば、同じ動画をそれぞれ異なるプラットフォームで簡単に投稿することができます。動画クリップまたはシークエンス全体を短時間でオートリフレームすることができます。

 

SNS のコンテンツをさらに向上させるのは、複雑なことでも面倒なことでもありません。Premiere Pro と便利なチュートリアルがあれば、さらに上質な画像と見やすい映像で視聴者とのつながりを一層高めます。

協力

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

ソファでデジタル一眼レフカメラに向かって話している人

教育動画で知識を共有する

新しいスキルを習得しようとする初心者のための教育動画を作成する方法を学びます。

レトロ加工したオレンジ色の花畑

レトロ加工でノスタルジック

ビンテージ写真のエフェクトを色々試し、自分の画像にレトロな雰囲気を加える方法を学びます。 

Tiktok動画の作り方のイメージとして並べられたサムネイルのコラージュとTiktok画像を表示した携帯電話のスクリーン

TikTok動画の作り方

プロのアイデアを参考に、人気作品になりそうな動画の作り方を学びましょう。

ソファーでギターを弾いている人に向けた、三脚にセットされているビデオカメラ

YouTube コンテンツの作り方とアイデア

これらのビデオコンテンツアイディアをもとにして、自分が興味を持っていることをYouTube 動画にする方法を学びましょう。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)