動画にモザイクやぼかしを入れる方法

ぼかし効果は、動画内の色々なショットで使うことができます。ぼかし効果を計画的に使うことで、編集スキルをどのように向上させることができるのか見ていきましょう。   

ぼかし効果を使う場合とは

「ぼかし」は、動画、写真、広告などでよく見られる一般的な効果です。「ぼかし」はとても綺麗な効果を出すので、必要以上に使われがちです。効果的に使われた「ぼかし」は実用的な目的を果たすだけでなく、アーティスティックな効果ももたらします。「ぼかし」を編集でどのように使うのかを習得しておくと、後処理で活用できます。

 

「ぼかし」を使う実用的な理由

以下は、動画に「ぼかし」を使う重要かつ一般的な理由です。

 

  • 顔に「ぼかし」をかけて、その人の顔を隠す
     
  • 車のナンバープレートやロゴなど個人情報を隠す
  • 映像の一部分を強調するために、他の部分に視点がいくのを避ける

 

「ぼかし」は、個人情報を守るためによく使われる効果です。ドキュメンタリー映像で誰かにインタビューをする場合は、事前に対象者がどのように映りたいか確認を取りましょう。これは対象者のプライバシーを正しく保護し、後から裁判沙汰にならないようにするためにも必要な手順です。ドキュメンタリー映像の場合、人々を映像に映せるように承諾を得ることが必要となります。このような手続きは撮影前に処理します。映像が動画エディターの手元に届く時には、エディターは誰を、または何をぼかすのか、サイズを変え、ピクセル化するのか把握します。 

 

動画に「ぼかし」を使う理由

特定のタイプのぼかし効果は、作品に美的外観を与えます。これはよくボケと呼ばれ、特定の映像シーケンスで、アーティスティックな雰囲気を与えるために使われる「ぼかし」の効果です。この「ぼかし」映像にストーリー性を伝え、ムードを作るなどの効果があります。

 

さまざまなレンズを用いたり、特定のショットで被写界深度を調整したりすると、ぼかし効果が得られます。ただし、ぼかし効果を使う理由は何かを特定することは、そう簡単ではありません。理解しやすくするために、ぼかし効果を2つのカテゴリーに分けてみましょう。すなわち、焦点を引き込むことと特殊効果です。

まず、「ぼかし」はフレームの特定の場所または被写体に焦点と人の注意を引きつけることができます。映像の背景に「ぼかし」使うことで、前景にある物を強調し、その逆もできます。

 

次に、「ぼかし」は特殊効果を生み出し、視点をシミュレートするか、別世界のような雰囲気を醸すことができます。ミステリアスなキャラクターがいたなら、そのキャラクターの輪郭にぼかし効果を使ったり、または全体的に「ぼかし」を使ってソフトな外観にすると、そのキャラクターの神秘的な雰囲気を演出できます。または、登場人物が気を失い目が覚めた時に、ぼかし効果を使って登場人物の視点の焦点がだんだん合っていくのを効果的に再現することができます。ポイントは、自分の作品に必要なものを見定めて、必要に応じて「ぼかし」を使うということです。

 

後処理で「ぼかし」を入れる時の重要ポイント

Adobe Premiere Pro の動画編集ソフトウェアがあれば、自作の映像を思い通りにコントロールできるので、ボケ効果やマスク、その他の効果を簡単に入れることができます。以下が動画に「ぼかし」を使うときの主なツールです。

 

タイムラインパネル

タイムラインは各効果を動画クリップに適用し、その動画トラックを管理する機能をもっています。タイムラインパネルにある各ツールを理解しておくと、キーフレームとマスクを適用する時に役立ちます。ぼかし効果はほとんどの場合、個別の動画クリップやその一部分に適用するので、各シーンのズームや非表示、カットなどの効果を適用する方法を理解しておくと、ぼかし効果を簡単に適用できるようになります。

 

キーフレームとマスキング

物が動いている動画に「ぼかし」を使う場合は、キーフレーミングを加える必要があります。キーフレームとは、空間上の位置、不透明度などさまざまな効果を割り当てるための動画クリップ内の位置のことです。Premiere Pro では、動画クリップの各ポイントに複数のキーフレームがある場合、それらの間にスペースを挿入し、そのスペースはキーフレームA からキーフレームB までの動きアニメーション化します。

 

キーフレームを使って動画の一部をボカすためによく使われる効果に、マスキング効果があります。これは人の顔をボカす最適な方法の一つです。 マスキング効果はPremiere Pro に用意されている機能で、動画クリップ全体にぼかし効果を作成するのに役立ちます。マスキング効果は、その後そのマスクを物体の動きに合わせて動かします。

 

ぼかし効果

Premiere Pro には、シンプルなマスキングに加え、色々なタイプのカメラの動作、色、映画的な技巧をシミュレートするぼかし効果やその他の効果を作成するための複数のオプションが用意されています。エフェクトパネルの中から、さまざまな タイプの効果を選択することができます。

夕暮れ時に走る車の画像をソフトにするガウスぼかしを適用
背景のぼかし効果で自転車に乗っている人を強調している画像
  • 「ぼかし」(ガウス)効果:映像をぼかして柔らかくし、縦横のノイズを除去します
  • 「ぼかし」(高速)効果: ガウスの「ぼかし」と似ていますが、さらに広い用途があります
     
  • 「ぼかし」(チャンネル)効果: 動画クリップの赤、緑、青、またはアルファチャンネルをぼかして、特定の色に「ぼかし」の効果を加えます
     
  • 「ぼかし」(合成)効果:シミや指紋をシミュレートする効果です
  • 「ぼかし」(方向性)効果: 動画クリップの一部分をぼかし、動いているように見せます(モーションぼかしとも呼ばれます)

 

どのぼかし効果も解除できるので、間違うことを心配せずにキーフレーミングや「ぼかし」の使い方を学び、必要な効果が得られるまで何度も試してみましょう。

 

Adobe Premiere Proには、動画映像にぼかし効果を加えたり、シャープにしたり、映像をより魅力的に見せるためのツールが全て備わっています。Mac やWindows のコンピューターを使ってぼかし効果を使った動画を簡単に制作しましょう。また役に立つチュートリアルとガイドを使って映像編集に関する知識をさらに深めていきましょう。人を魅了する「ぼかし」を使った動画をエクスポートしてオンラインで共有しましょう。

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

デジタル動画編集プログラムで動画を編集する

フィルムカメラ効果

これらの役に立つテクニックを駆使して、作品の芸術性、効率性、情緒性を高めます。

デスクトップコンピューターで後処理の編集をする人

後処理:初心者ガイド

映像の集約から最終カットまで、編集の基本についてプロのコツを参考にしましょう。

ロングボードの上に腰を低くして座っている人

クロスディゾルブで柔らかなトランシジョンを

本格的なビデオ編集の定番、クロスディゾルブを探る

動画制作のセットを準備する動画制作スタッフ

映画制作のための撮影用台本

撮影台本とは何か、そして動画撮影を計画し、成功させるために、台本をどのように使うのか探っていきます。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)