InDesignとin5を使用したレスポンシブレイアウトの作成 - S304

日本語、英語、フランス語、ドイツ語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます

このページを共有

SPEAKERS


ABOUT THE SESSION

インタラクティブPDFはあまりインタラクティブではないこともありますが、コードを書かずにInDesignで作成できる、リッチなインタラクティブ形式であれば、よりインタラクティブに機能します。自分のデザインスキルを生かして、webサイト、モバイルアプリ、webバナーのような外観と機能を備えたレスポンシブなドキュメントを作成できます。Ajar Productionsのデザイナー兼オーナーのJustin Putneyが、InDesignとAjarのin5拡張機能を使って、インタラクティブなレイアウトをどのようなデバイスでも表示可能なオープンフォーマットに書き出す方法を紹介します。

このセッションでは、以下の方法を説明します。

  • InDesignでwebサイト、デジタルマガジン、プレゼンテーションなどを作成する
  • アニメーションのボタン操作によるトリガーと自動トリガー
  • メニュー、ポップアップ、スライドショーを作成するために、ユーザー操作にもとづいてコンテンツを表示または非表示にする
  • ユーザーのデバイスや画面サイズに応じて変化するレスポンシブレイアウトを作成する

技術レベル: 中級, 上級

タイプ: セッション

カテゴリー: ハウツー

トラック: グラフィックデザイン

対象: アート/クリエイティブディレクター, グラフィックデザイナー, 印刷物デザイナー, webデザイナー, イラストレーター

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。


本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

Play button

Presented by Skillshare

9 Questions to Help You Advocate for an Idea

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう