Deep Dive into Adobe XD: 現場で使えるスタイルガイド - S917

日本語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます。

このページを共有

SPEAKERS


本セッションは日本語です

ABOUT THE SESSION

デザイナーであれば誰でもデザイン情報を整理して、スタイルガイド化することを考えたことがあると思います。しかし、実際の現場ではなかなかスマートにスタイルガイドを活用することができません。
その原因の多くはUIキットやガイドラインのわかりにくさ、使いにくさによって放置されてしまうパターンではないでしょうか。


ここでは、XDのコンポーネントやスタックなどの機能を駆使することで、色やアイコンなどのパーツ単位だけでなく、レイアウトまでを簡単に適用できるUIキットを作り、さらにアニメーションやプロトタイプを組み合わせた現場で使えるスタイルガイドの作成方法について考えてみます。

  • コンポーネントやステートの挙動について理解する
  • レイアウトを自動化する素材の作り方
  • プロトタイプを活用した動的なスタイルガイド

技術レベル: 上級

タイプ: セッション

カテゴリー: ハウツー

トラック: UI/UX

対象: アート/クリエイティブディレクター, フロントエンド開発者, ゲーム開発者, UI/UX, webデザイナー

 

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。

 

本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。

1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、

2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

 

Play button

Presented by Zeplin

Adobe XD + Zeplin: Deliver on the Promise of Design

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう