アドビ、顧客体験管理(CXM)のための
「Adobe Experience Platform」と アプリケーションサービスを国内で提供開始

~顧客のプライバシーに配慮しながら、パーソナライズされた体験を リアルタイムで提供可能にする業界初のプラットフォーム~ 

 

【2020 7 29 日】

アドビ株式会社本社東京品川代表取締役社長ジェームズ マクリディ以下 アドビ 本日顧客体験管理Customer Experience Management以下 CXMためプラットフ ォームAdobe Experience Platform国内提供開始発表ましAdobe Experience Platform 顧客プロファイルなど顧客体験管理必要データ統合管理から顧客コミュニ ケーションつなげるアクティベーションまで一貫提供するデータガバナンス機能搭載 業界なる CXM プラットフォームです

企業アドビ人工知能AIマシンラーニングフレームワーク Adobe Sensei 活用する ことリアルタイム顧客プロファイル構築実現するとともに顧客プライバシー配慮しな がらパーソナライズコンテンツ適切タイミング提供することできるようなり またこれあわせAdobe Experience Platform 稼働するアプリケーションサービス Real-time CDPCustomer Journey AnalyticsおよびJourney Orchestration提供 ます

 

 

Adobe Experience Platform

アドビ最近消費向け行っCOVID-19新型コロナウィルスにおける外出自粛かけ消費行動変化に関する調査今後顧客購買行動においてオンライン さらなる活用およびオンラインオフライン併用購買行動加速すること判明ましまたオンライン購入効率店舗購入楽し偶然発見といった 高揚求める傾向あるなど顧客オンライン店舗求める体験期待異なる明らかなりました。

企業顧客タッチポイント多様消費電子メールスマートフォンアプリ通知 通じ様々企業から多くメッセージ受け取る企業顧客的確コミュニケーション ためオンライン店舗かかわら顧客状況応じ適切内容タイミング アプローチすること求められます。

一方企業パーソナライズ体験提供するため消費自主企業提供情報 オンライン行動からられる趣味興味関心顧客プロファイル必要情報消費 納得する管理する必要あります。

Adobe Experience Platform 行動データ含めリアルタイム顧客プロファイル構築 Adobe Experience Cloud など様々ソリューション連携すること顧客一人ひとり リアルタイムコミュニケーション実現ます。

Adobe Experience Platform 実現する機能下記通りです

 

1. 顧客体験に必要なデータの統合

複数データソースから顧客体験必要データ取り込み顧客プロファイル統合から ータガバナンスAI 機械学習活用顧客コミュニケーションつなげるためアクティベ ーションまで一貫プラットフォーム提供ますこれにより企業顧客プライバ シー配慮ながらリアルタイムパーソナライズ体験スケーラビリティ持っ 提供できるようなります

 

2. 顧客体験必要データガバナンス機能提供
任意データソースから収集れるデータ顧客体験管理ため設計 Experience Data ModelXDMにより標準統合ますデータ管理においてデータガバ ナンス実現する DULEData Usage Labeling Enforcementフレームワークにより顧客 ータ項目ごと目的管理その目的沿わない利用制限行いプライバシーなど規制配慮データ利用実現ます

 

3. リアルタイム顧客コミュニケーション

Real-time CDPによりデータ収集からプロファイル統合実際顧客コミュニケー ション至るまで顧客コミュニケーションリアルタイム実現ます連携データAdobe Experience Platform 接続いる様々ソリューション アルタイム展開広告パーソナライゼーション活用すること可能なります

 

4. AI 活用プロファイルデータ拡張

Adobe Experience Platform 内包いるData Science Workspace機能 AI サービス Intelligent Services活用することAdobe Sensei AI マシンラーニングによる統合データ利用スコアリングクラスターデータプロファイル拡張可能なり アドビ提供する AI モデルチューニング利用するだけなくPythonRはじする様々言語利用ながらデータサイエンティストによる独自モデル構築する ことできますAI 機能システム内包することによりシステムバッチ処理なくしプライバシ管理保ちながら AI 活用できるようなりまし

 

5柔軟顧客分析コミュニケーション管理

Adobe Analytics 機能拡張Customer Journey Analytics活用により従来 CDPソリューション難しかっオムニチャネルパスフォールアウト分析AdobeAnalytics UI よう視覚分析すること可能なりますまたJourney Orchestration活用することAdobe Experience Platform 統合全てチャネルデータ利用ながらAdobe Experience Cloud アプリケーションAPI 接続システムを通じて特定イベント発生コミュニケーションフローリアルタイム実行すること可能なりますこれにより例えば来店顧客に対しセグメントメッセージリアルタイム配信するといったオムニチャネルジャーニー設計容易なります

 

 

また今回日本展開あわせAdobe Experience Platform 導入支援するコンサルティン グサービスおよび Adobe Digital Learning Services によるアプリケーションサービストレーニン 提供予定です

 

アドビ株式会社 代表取締役社長ジェームズ マクリディよう述べます外出自粛期間きっかけに、オンライン活用消費加速今後店舗オンライン リットそれぞれ活かしながら併用たいという消費ニーズ明らかなりましニューーマル時代消費変化寄り添っ顧客体験提供求められるお客様からニーズ応え 顧客体験必要データガバナンス機能備え Adobe Experience Platform 国内提供 できること嬉しく思いますAdobe Experience Platform データ収集処理および施策 4 展開リアルタイム行えるよう設計いるため企業顧客プライバシー配慮しな がらパーソナライズコンテンツ適切タイミング提供することできます。

 

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。


©2020 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe, Adobe Document Cloud, and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. (or one of its subsidiaries) in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

ダウンロード

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口