アクセシビリティ
アドビ
サインイン プライバシー マイアカウント

利用条件

最終更新日2012年10月16日。2012年5月7日に発行されたバージョンの全内容に代わるものです。

1. アドビとの契約

1.1 法の選択 お客様が北米に在住の場合、お客様の契約関係は米国の企業であるAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)とのものであり、カリフォルニア州および米国の法律に拘束されることに同意するものとします。北米以外の地域に居住の場合、お客様の契約関係はAdobe Systems Software Ireland Limited(アドビ アイルランド)とのものであり、アイルランドの法律に拘束されることに同意するものとします。

1.2 本利用条件はアドビ システムズ社またはアドビ アイルランド、およびその代理人と関連会社(以下総称して、「アドビ」といいます)とのお客様の法的な契約を示します。本利用条件を参照するアドビWebサイトまたはサービス(以下総称して、「サービス」といいます)のお客様による使用には、本利用条件(以下、「一般利用条件」といいます)が適用されます。

1.3 サービスによっては、追加の条件または異なる条件(以下、「追加条件」といいます)が適用される場合があります。以下のサービスの追加条件は、制限なく、参照することにより本一般利用条件に組み込まれます。


1.4 一般利用条件と追加条件の間に矛盾がある場合、そのサービスに関しては追加条件が優先します。一般利用条件と、参照することにより一般利用条件に含まれる、適用される追加条件およびその他の文書は、本利用条件で「適用条件」と呼びます。

1.5 アドビは、その独自の裁量で適用条件を変更する場合があります。適用条件を変更した場合、http://www.adobe.com/go/terms_jpで新しい適用条件を提供します。お客様による本サービスの使用には、使用時点で最新版の条件が適用されます。

2. 定義

別段の定義がない限り、本一般利用条件で使用される用語には以下に示す意味があります。

2.1 「アカウント情報」とは、お客様がサービスに登録したときにアドビに提供した情報を意味します。これには、お客様のアドビIDおよびログイン情報が含まれます。

2.2 「アドビのマテリアル」とは、上記の条件に基づきアドビにより提供されるマテリアルを意味します。

2.3 「知的財産権」とは、著作権、人格権、商標、トレードドレス、特許、企業秘密、不当競争、およびその他の知的財産権と所有権を意味します。

2.4 「法律」とは、適用される管轄で、適用される法律、規則、または一般的に受け入れられている慣行または指針を意味します。例えば、米国またはその他の適用される国々からまたはそれらの国々へのデータまたはソフトウェアの輸出に関連する法律などがあります。

2.5 「マーク」とは、本サービスに表示される商標、ロゴ、サービスマークを意味します。

2.6 「マテリアル」とは、お客様またはアドビにより提供されるマテリアルを意味します。これには(a)ユーザーマテリアル、(b)情報、データ、文書、画像、写真、グラフィック、音声、映像、またはWebキャスト、(c)製品、および(d)ソフトウェアが含まれますが、これらに限りません。

2.7 「共有マテリアル」とは、お客様または他のユーザーが本サービスを通じて共有するユーザーマテリアルを意味します。

2.8 「共有」とは、本サービスの使用を通じて、電子メール送信、掲載、伝送、アップロード、または利用可能にすることを意味します。

2.9 「ソフトウェア」とは、アドビソフトウェアコードと関連するドキュメンテーションを意味します。これには本サービスに関連するモバイルおよびタブレットアプリケーション、コンテンツファイル、ドライバー、パッチ、またはフォントが含まれますが、これらに限りません。

2.10 「ユーザー」とは、本サービスのユーザーを意味します。

2.11 「ユーザーマテリアル」とは、(a)お客様のマテリアル、および(b)その他のユーザーによってアップロードされる共有マテリアルを意味します。

2.12 「お客様のマテリアル」とは、本サービスの使用を通じてお客様が共有するマテリアルを意味します。

2.13 「お客様の共有マテリアル」とは、お客様が共有マテリアルにすることにしたお客様のマテリアルを意味します。

3. 適用条件の受諾

3.1 本適用条件に同意しない場合は、本サービスを使用することはできません。お客様は、(a)本適用条件への「同意する」を選択することにより、(b)アドビ、お客様、または他のユーザーにより本サービスを通じて提供されたマテリアルをダウンロードもしくはアップロードすることによって、本サービスを使用することにより、または(c)本サービスを単に閲覧することによって、本適用条件に同意することになります。

3.2 お客様は、(a)本サービスのお客様による受領または使用が法律で禁止されている場合、(b)アドビとの拘束力のある契約を締結することができず、そのための法的能力がない場合(例えば、法定年齢に達していない場合、または親の同意を得ていない場合)は、本サービスを使用することはできません。特に、特定のサービスに関する追加条件で明示されていない限り、お客様は13歳以上であることを認め、本サービスは13歳未満の子供を対象としていないことを了承するものとします。

3.3 アドビは、本サービスの今後の使用を許可する前に、更新後の適用条件への同意をお客様に求める場合があります。アドビがそのような同意表明を求めなかった場合、お客様がサービスの使用を継続することにより、変更を受諾したことになります。

4. プライバシーポリシー

アドビのデータ保護と収集慣行の詳細については、http://www.adobe.com/go/privacy_jpに掲載されるアドビプライバシーポリシーをお読みください。本ポリシーは参照されることにより本適用条件に組み込まれます。お客様は、アドビがプライバシーポリシーに従ってお客様のデータを使用することに同意するものとします。

5. 権利の帰属

5.1 サービスおよびアドビのマテリアル 本サービスとアドビのマテリアル、およびそれらの選定と配置は、知的財産権と所有権によって保護されています。適用条件に明示されていない限り、アドビおよびそのライセンサーは、本サービスおよびマテリアルを使用するためのいかなる明示または黙示の権利も付与するものではありません。世界中のあらゆる言語、フォーマット、および媒体による本サービスおよびアドビのマテリアルのすべての権利、権原、利益は、アドビまたはそのライセンサー、もしくはその両者の独占的な財産であり、今後も引き続き独占的な財産となります。本適用条件のいかなる条項も、著作権またはその他の知的財産権の下で、含意、禁反言またはその他により、お客様または第三者に対してライセンスもしくは権利を与えるものと解釈されないものとします。

5.2 商標 マークはアドビまたはその他の権利者の財産です。お客様は、アドビまたは権利者の事前の同意なしに、マークを使用することは許可されていません。アドビおよびアドビのロゴは、アドビ システムズ社の商標です。アドビの本マークおよび特定の第三者の本マークの現時点でのリストについては、http://www.adobe.com/go/trademarks_jpに掲載されている商標情報を参照してください。

6. サービスおよびマテリアルの使用

6.1 お客様が本契約の諸条件を遵守する場合、アドビはお客様に対して、本サービスにアクセスして使用するため、お客様のマテリアルを本サービスで共有するため、および本サービスに関連してアドビのマテリアルを使用するための非独占、譲渡不能、取り消し不可の権利を付与します。これには本条で定める制限が適用されます。

6.2 お客様のマテリアルに関連する場合を除き、お客様は以下のことに同意します。

(a) マテリアルを改変、複製、修正、または再送信できないこと。

(b) マテリアルまたは本サービスの使用権とアクセス権をリース、ライセンス、賃貸、もしくは販売できないこと。

(c) マテリアルに含まれるテキスト、またはその他の財産権表示を削除、隠ぺい、改変できないこと。

(d) 本サービスのデザイン、レイアウト、外観の一部もしくは全部を複製または模倣できないこと。それらは知的財産権によって保護されています。

(e) 本適用条件および法律により認められるようにのみ、本サービスおよびマテリアルを使用すること。

(f) 料金を支払った場合または特定のアカウント情報を提供した場合にのみ、特定のサービスおよびマテリアルを使用できること。

6.3 アドビは、サービスを週7日、毎日24時間利用できるように妥当な努力をします。ただし、サービスは、メンテナンス、アップグレード、修理、当社の管理が及ばない電気通信リンクや設備の故障により中断する場合があります。その場合、アドビの妥当な管理の及ぶ範囲で、適正な措置を講じてそのような中断を最小限に抑えます。サービスはすべての言語で利用できるとは限りません。

6.4 アドビは、通知の有無に関わらず、サービスやマテリアル、またはそれらの一部を、一時的または永久的に変更または中止することができます。お客様は、アドビがそのように変更または中止した場合でも、お客様または他の人物に対して責任を負わないことに同意するものとします。

6.5 支払い条件

(a) サブスクリプション料 サービスによっては、サービスの一部または全部にアクセスするために、サブスクリプションやメンバーシップの購入が必要なものがあります。サブスクリプション料は、サービスに適用される特定のサブスクリプション条件で別途定める場合を除き、返金されません。サブスクリプション料は、お客様のサブスクリプション期間の終了時に変更になる場合があります。サブスクリプション条件は、http://www.adobe.com/go/subscription_terms_jpに掲載されています。

(b) サービスの使用に関連して発生する税金は、すべてお客様がお支払いになるものとします。お客様のクレジットカード会社または銀行は、サブスクリプション料の支払いに関して、外国為替手数料などのその他の費用を課す場合があります。本サービスへのお客様によるアクセスには、第三者の料金(電話代、携帯電話代、ISP、データプランなど)の支払いが必要な場合があります。アドビはそのような料金に関係しておらず、かかる料金に対して一切責任を負いません。

(c) サブスクリプション料の徴収 アドビがお客様からサービスのサブスクリプション料を徴収できない場合、アドビはかかるサブスクリプション料を徴収するために必要だと判断される措置をとり、徴収に対して発生するあらゆる経費はお客様の責任となることに同意するものとします。

7. アカウント情報、個人のURL

7.1 お客様は、自分のアカウント情報を常に完全、正確、かつ最新の状態に保つことに同意するものとします。アカウントのパスワードまたはログイン資格情報の秘密を常に守ることはお客様の責任であり、お客様は、自分のアカウントを介して発生するあらゆる行為に関して、アドビに対する全責任を負います。お客様は、自分のアカウントまたはアカウント情報が不正に使用されていること、またはその他のセキュリティ侵害が発生していることに気づいた場合、http://www.adobe.com/go/support_contact_jpからサポートに連絡して、アドビに通知することに同意するものとします。アドビは、理由の如何を問わずいつでも、お客様に対し、お客様のアカウント情報またはその特定の一部を変更するよう求めることができます。会社のアカウント管理者としてアドビIDを作成し管理する権利をアドビが明示的にお客様に許可しない限り、または追加条件で明示的に認められていない限り、お客様は別の人物のアカウント情報を使用することはできません。

7.2 アドビは、サービスへの登録の一環として、your_name_here.adobe.comなど、お客様に固有のURLの作成を求める場合があります。かかる固有のURLは、お客様が有効なアカウントを維持する期間において、そのサービスのみと使用され、他の目的では一切使用されません。アドビは、独自の裁量で適切と見なすいかなる理由において、最低30日前に通知することにより、お客様がそのURLを使用する権利を取り消すことができます。ただし、そのURLまたはコンテンツが、アドビの独自の裁量により、権利を侵害するまたは違法な内容を含むと見なされる場合、または本適用条件に違反すると見なされる場合はその限りではありません。そのような場合、アドビは通知なしでお客様固有のURLを使用する権利を即座に取り消す権利を有します。さらに、アドビは、「アドビ」およびお客様固有のURLに関連するその他のアドビの所有物の使用に対するすべての権利、権原、および利益を保有して維持します。何らかの理由で終了した場合、アドビはお客様が選択された固有のURLを別のユーザーに使用させることができます。

8. ユーザーの行動基準

8.1 お客様は、アドビにより提供されたインターフェイス以外の方法を使って本サービスへのアクセスまたはその試みを行わないこと、もしくは本サービスの一定の使用を防ぐ目的で設定されているアクセスまたは使用制限の回避を行わないことに同意するものとします。

8.2 お客様は、本サービスを使用して次のことを行わないこと、また他者が行うことを推奨したり許可しないことに同意するものとします。

(a) 違法、有害、脅迫的、侮辱的、不法行為、中傷的、名誉毀損、低俗、猥褻、児童ポルノ、卑猥、冒涜的、プライバシー侵害、悪意的である、または人種的、民族的、もしくはその他の観点から好ましくないマテリアルを共有すること。

(b) ストーカー行為、脅迫、嫌がらせ行為。

(c) 暴力の扇動。

(d) 何らかの形で未成年者に害を及ぼすこと。

(e) お客様が適用法令または契約関係もしくは信託関係に基づいて共有する権利を有していないマテリアルを共有すること。

(f) 人物・団体の知的財産権などの所有権を侵害するマテリアルを共有すること。

(g) いずれかの個人もしくは団体になりすます、またはいずれかの個人もしくは団体との関係を偽る、もしくはその他の形で関係を不正確に伝えること。

(h) 本サービス上に掲載される、または本サービスを通じて送信されるいずれかのマテリアルのヘッダーを偽造する、またはその他の形で識別子を操作して、その出所を偽ること。

(i) アドビまたはサービスと直接やり取りしているとユーザーに誤解させるような形でサービスまたはマテリアルを使用すること。

(j) チェーンレター、コンテスト、迷惑メール、ねずみ講、スパム、アンケート調査、またはその他の重複する、または求められていないメッセージ(商用かその他のものかを問わない)に関与すること。

(k) 偽の返信先電子メールアドレスとしてアドビのドメイン名を使用すること。

(l) ソフトウェアウイルス、またはコンピューターソフトウェア、ハードウェア、もしくは通信機器の機能を妨害、破壊、もしくは制限するよう設計されたその他のコンピューターコード、ファイル、もしくはプログラムを含むマテリアルを共有すること。

(m) アドビサーバーまたはアドビサーバーに接続しているネットワークに損害を与える、使用不能にする、過大な負荷を課す、または機能を低下させるような方法で本サービスにアクセスしたり使用すること。

(n) 本サービスを故意にまたは無意識に妨害もしくは中断すること、または本サービスへのアクセスもしくは使用に関連する適用法令に違反すること、本サービスに接続しているネットワークの要件、手順、ポリシー、もしくは規制に違反すること、または適用条件で禁じられている行為に関与すること。

(o) 本サービス、または本サービスもしくは提携・リンクしているサイトに接続しているか、またはそれを通じてアクセスが可能なサービス、マテリアル、システムリソース、アカウント、パスワード、サーバー、またはネットワークのセキュリティを中断、妨害したり害を及ぼすこと。

(p) 本サービス、マテリアル、またはその他の提携・リンクしているサイト、サービス、またはマテリアルの他のユーザーによる使用および享受を中断、妨害、または阻止すること。

(q) お客様がアクセス権を有していないマテリアルにアクセスすること、またはアクセスを試みること、もしくは本サービスを通じて意図的に提供されていない手段を通じてアクセスすること、またはアクセスを試みること。

(r) アドビから具体的な許可を受けていない場合に、商用目的で物品またはサービスの販売活動を行うこと(広告および物品またはサービスの売買の申し出を行うことを含む)。

(s) 本サービスもしくはマテリアルの部分を複製、販売、取引、再販売、または商用目的で利用すること、サービスもしくはマテリアルを使用すること、またはサービスもしくはマテリアルにアクセスすること。

(t) 本サービスまたはマテリアルに関連して、データマイニング、ロボット、またはそれと同様のデータ収集手法および抽出手法を使用すること。

(u) (i)第三者が、本サービスを使用して、コンテンツを作成、送信、保護できるようにするため、または(ii)第三者のために、コンファレンスまたはオンライン会議サービスを行うために、利用料徴収の有無にかかわらず、本サービス(関連するアプリケーションを含む)をホストすること。

(v) 他者に詐欺行為や誹謗したり、または他者の法的権利(プライバイシー権、およびパブリシティー権を含む)を侵害したりすること。

(w) 本契約書の第8条2項で規定されている禁止された行為と活動に関連して、他のユーザーに関するデータを収集または保存すること。

9. お客様のマテリアル

9.1 保管 アドビは、以下の第9条2項および保管の範囲を詳しく定義している場合がある追加条件に従って、お客様のマテリアルのためにオンラインストレージを提供することがあります。追加条件またはお客様とアドビの間の書面による別個の契約に別段の定めがない限り、アドビは、(a)お客様のマテリアルを保管する義務はなく、(b)お客様のマテリアルを含む、マテリアルの削除または正確性、マテリアルの保管、送信、または受信の失敗、もしくは本サービスの使用から発するまたはそれに関わるその他のコミュニケーションのセキュリティ、プライバシー、保管、または送信に対する責任を負いません。

9.2 お客様は、アドビが、ファイルサイズ、保存容量、処理能力、および本サービスに付随するWebページに記載された同様の制限、ならびにアドビの独自の裁量によって別途定める制限など、本マテリアル(お客様のマテリアルを含む)の使用に合理的な制限を設ける権利を有することに同意するものとします。アドビは、お客様のマテリアルがお客様のアカウントに関連付けられた容量制限内に収まるように、お客様のマテリアルの削除を要請する場合があります。

9.3 公共の場に掲載するか、個人で送信するかに関わらず、お客様が共有するマテリアルのすべては、アドビではなくお客様に全責任があることに同意します。お客様は、お客様のマテリアルの正確性、完全性、または有用性を含む、お客様のマテリアルの使用に伴うすべてのリスクを負うものとします。

9.4 お客様のマテリアルの使用およびアクセスに関する設定

(a) 特定のサービスでは、そのサービスにおけるお客様のマテリアルへのアクセスを制限するレベルを指定することができます。お客様のマテリアルへのアクセスレベルを適切に設定することはお客様の責任です。お客様がお客様のマテリアルに適用するアクセスレベルを設定しないと、最も許可範囲の広いデフォルトのレベルに自動設定される場合があります。

(b) アドビは、お客様がコメント機能を無効にしない限り、お客様の共有マテリアルに対してコメントを行うことを他のユーザーに許可できます。

(c) アドビは本サービスにお客様の連絡先をインポートすることを許可できます。例えば、アドビは、連絡先の電子メールアドレスのアップロードに役立つツールを提供する場合があります。連絡先を取り出すためにお客様がパスワードをアドビに提供した場合、お客様が連絡先情報をアップロードした後は、そのパスワードはアドビに保管されません。さらに、お客様が電子メールアドレスをアップロードし、友人の電子メールアドレスを見つけて連絡ができるようになった後は、それらの電子メールアドレスはアドビに保管されません。

9.5 お客様のマテリアルのライセンス アドビは、本サービスを運用して有効にするために、お客様の共有マテリアルに関して、お客様から特定のライセンスを必要とします。したがって、お客様は、以下のように、お客様の共有マテリアルへのライセンスを付与するものとします。

(a) 公共のフォーラム(インターネット接続が可能な人なら誰でも閲覧できるディスカッション掲示板または公共のギャラリーなど)で共有するお客様の共有マテリアルに関しては、お客様は、本サービスを運用し向上させる目的、および本サービスのお客様による使用を可能にする目的において、お客様の共有マテリアルを翻案、表示、配布、修正、実施、発行、複製、翻訳、使用するための非独占的、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象とした無償のライセンスをアドビに付与するものとします。お客様は、共有マテリアルの共有を取りやめることにより、いつでもこのライセンスを取り消してアドビの権利を終了させることができます。

(b) 公共のフォーラムで共有するお客様の共有マテリアル、またはお客様が選んだ他のユーザーと個人的に共有するお客様の共有マテリアルに関しては、お客様は、本適用条件の第10条を条件として、お客様のマテリアルを表示、配布、実施、および複製するための非独占的、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象とした無償のライセンスを他のユーザーに付与するものとします。グループ内でお客様のマテリアルの共有を許可するグループ(「グループアルバム」または共有ワークスペースなど)に参加する場合、かかるグループで共有することにしたお客様のマテリアルを翻案したり修正するためのライセンスはそのグループ内のユーザーにも付与するものとします。これらの権利を他のユーザーに付与したくない場合は、お客様のマテリアルを他のユーザーと共有しないでください。

(c) お客様が選んだ他のユーザーと個人的に共有するお客様のマテリアルに関しては、お客様は、本サービスを運用し向上させる目的、および本サービスのお客様による使用を有効にする目的において、お客様のマテリアルを配布、修正、発行、複製、翻訳、使用するための非独占的、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象とした無償のライセンスをアドビに付与するものとします。お客様はいつでもサービスからお客様のマテリアルを削除することで、このライセンスを取り消し、アドビの権利を終了することができます。ただし、お客様は、アドビがアーカイブまたは「バックアップ」の目的において、上記第15条(調査)に従って、お客様のマテリアルのコピーを保持して使用できることに同意するものとします。

(d) お客様は、追加条件に従って、特定のライセンスまたは異なるライセンスをアドビに付与する場合もあります。

9.6 本サービスは自動化されており(例えば、お客様のマテリアルは、ソフトウェアツールを用いてアップロードされます)、アドビの社員は、いかなるお客様のマテリアルにもアクセスせず、その中身を閲覧したり、聞いたりすることはありません。ただし、次のように、本サービスを遂行するために合理的に必要な場合は除きます。(a)サポートリクエストに返答する場合、(b)不正行為、セキュリティ、または技術的な問題を検出、防止、あるいはそれらに対応する場合、(c)法律上の要請に従い、あるいは法律上の手続きを遵守するために必要または妥当であるとアドビが誠実に判断した場合、(d)第15条(調査)で詳述されるように、違反の可能性の調査を含み、本適用条件を実施する場合など。

9.7 お客様は、アドビがお客様のマテリアル(個人的に共有するお客様の共有マテリアルを含む)を保護するための安全対策を提供するよう努力しながらも、お客様のマテリアルを公開することから発生する損害に対してアドビは責任を負わないことを承認し、同意するものとします。

10. 共有マテリアル

10.1 共有マテリアルのライセンス アドビは、第10条に定める制限を条件として、マテリアルを配布、表示、ダウンロード、実施、複製するための非独占的な全世界を対象とした無償のライセンスをお客様に付与します。コンテンツの共有を許可するグループ内で共有される共有マテリアルに関しては、かかる共有マテリアルを翻案したり修正するためのライセンスもお客様に付与します。本第10条1項で付与されるライセンスはさらに制限され、個人的および社内での使用目的のみに限ります。

10.2 制限がある場合、どのような制限が共有マテリアルに設けられているかを判断するのはお客様の全責任です。アドビは他者が共有マテリアルで行っていることを監視および管理できませんし、それらを行いません。また、他者が共有マテリアルに追加、修正、翻案することを防ぐこともできません。

10.3 お客様は、他のユーザーが、お客様の共有マテリアルの使用についてお客様が設定した制限に違反して、その共有マテリアルを使用、変更、破壊、破損、複製、または配布した場合でも、アドビはいかなる種類の責任も一切負わないことに同意するものとします。

10.4 共有マテリアルには個人情報(例えば、電子メールアドレスなど)が含まれ、お客様のマテリアルの共有を円滑にします。本サービスに関して、お客様または他のユーザーが使用および送信したすべての個人情報はお客様の全責任です。お客様は、他のユーザーの個人情報に適用されるあらゆるデータ保護法およびプライバシー保護法や規則を遵守するものとします。

10.5 本サービスではお客様が共有マテリアルにコメントを付けることもできます。コメントは匿名ではなく、他のユーザーが閲覧することができます。お客様のコメントは、お客様、他のユーザー、またはアドビが削除できます。

10.6 お客様が共有デジタルコンテンツの編集または閲覧に参加するよう本サービスのユーザーによって招待されながらも、かかるユーザーから電子メールを受け取りたくない場合または参加したくない場合は、お客様に関して提供された情報を更新、訂正、または削除するために、お客様からその個人に連絡する必要があります。

10.7 一般的に、こういったタイプの共有編集または閲覧領域でお客様が所有されるアカウントを削除しても、アドビは、コンテンツのレビューまたは他者によって開始された共有における、お客様の過去の行動に関する情報を保有し続ける場合があります。

10.8 本サービスからお客様のマテリアルを削除するか、またはお客様の共有マテリアルの共有を中止したら、アドビはお客様のマテリアルの使用、配布、表示を中止するまでに妥当な時間を与えられるものとします。ただし、アドビには、第15条(調査)に従って、アーカイブまたは「バックアップ」されたお客様のマテリアルのコピーを保持したり、お客様のマテリアルを使用する権利はありますが、それらを行う義務はないことをお客様は了承し同意するものとします。

11. ソフトウェアの使用

11.1 本サービスを介してまたは第三者のマーケットプレースやストアを通じて提供されたソフトウェアは、適用される追加条件または本ソフトウェアで参照されるライセンス契約の条件に準拠します。これらの条件とかかるソフトウェアに付属のライセンス契約の間に矛盾がある場合は、そのソフトウェアに関してはライセンス契約が優先します。本ソフトウェアがプレリリースバージョンである場合には、付属ライセンス契約に異なる規定があったとしてもそれに関わらず、お客様が商用または生産用のいかなる目的でも、本ソフトウェアを使用することおよびその他の形で本ソフトウェアに依拠することは認められません。

11.2 アドビは、第三者を通じて、本サービスおよびアドビ製品と相互作用するモバイルおよびタブレットアプリケーションを提供する場合があります。モバイルおよびタブレットアプリケーションにアクセスするために必要な機器または付随的サービスを取得し維持すること、およびかかるアプリケーションのアクセス中に発生する、適用されるすべての税金と料金(携帯電話会社の料金、超過料金など)はお客様の責任です。

11.3 ダウンロードのために提供される本ソフトウェアにライセンス契約が付属していない場合、かかるソフトウェアのダウンロードと使用は本第11条3項の条件に準拠します。アドビは、お客様に対し、適用条件で認められる方法で本ソフトウェアを使用するための全世界を対象とした、個人的な、取り消し可能の、制限付き、移転不能、譲渡不能およびサブライセンス不能かつ非独占的なライセンスを許諾します。明確にするために、お客様は本ソフトウェアを配布、リース、賃貸、販売、またはサブライセンスしないものとします。お客様は、逆コンパイル、リバースエンジニアリングなどの方法により本ソフトウェアのソースコードを解明しようと試みないことに同意するものとします。前述の規定に関わらず、本ソフトウェアと他のソフトウェアとの相互運用を可能とするために必要な情報を入手するため、お客様が所在する法域の法律により逆コンパイルの権利を付与される限りにおいて、本ソフトウェアの逆コンパイルが許可されます。ただし、お客様は、まず、アドビに対しかかる情報を要求しなければならず、アドビは、本ソフトウェアにおけるアドビの知的財産権を確実に保護するため、独自の裁量により、お客様に対しかかる情報を提供するか、または、適切な料金を含め、本ソフトウェアの使用に対し合理的な条件を課すことができるものとします。お客様は、本ソフトウェアを使用する権利を譲渡(またはそのサブライセンスを許諾)すること、本ソフトウェアを使用する権利に対する担保権を設定すること、または本ソフトウェアを使用する権利のいかなる一部もその他の形で移転することはできません。お客様の本ソフトウェアの使用に関して明確にするため、使用は以下の第13条および第14条の保証の排除と制限、および第22条の輸出規制に関する条項への準拠がさらに条件となります。

11.4 本ソフトウェアのアップデートがアドビから自動的にダウンロードされインストールされる場合があります。これらのアップデートは、本サービスの改良、強化およびさらなる開発を行うよう設計されており、バグ修正、機能強化、新規本ソフトウェアモジュールおよび完全な新バージョンの形をとる場合があります。お客様は、本サービスの使用の一環としてかかるアップデートを受領する(およびお客様の認識の有無に関わらずアドビがこれらをお客様に配信することを許可する)ことに同意するものとします。

12. お客様の保証、補償義務、および権利放棄

12.1 お客様は、次のことを表明および保証するものとします。(a)お客様が、本サービスに関連して、またはその他適用条件で認められた方法で、お客様によるお客様のマテリアルの使用を継続するにあたり、お客様のマテリアルを使用するための知的財産権を所有している、または必要なすべてのライセンスと許可を取得していること、(b)お客様が、適用条件に定めるライセンスおよびサブライセンスを許諾するために必要な権利を有していること、(c)お客様が、お客様のマテリアルの中で描写されているすべての人から、適用条件の定めに従ってお客様のマテリアルを使用すること(お客様のマテリアルの配布、公開、公演、および複製を含む)に対する同意を得ていること、(d)お客様のマテリアルが、いかなる人物、会社、事業体、もしくは第三者のパブリシティー権またはプライバシー権を含めた知的財産権やその他の所有権に違反または侵害していないこと。

12.2 お客様は、お客様のマテリアル、お客様による本サービスまたはマテリアルの使用、お客様による本サービスまたはマテリアルへの接続、お客様による他のユーザーの個人情報の使用とアクセス、お客様のグループのいずれかのメンバーによる行為、お客様によるサイトまたはリンク先サイトへのアクセスもしくは使用およびそれらとの接続、お客様のマテリアルによって損害を被ったとする主張、お客様と本サービスまたはマテリアルを介した宣伝もしくは販売促進を行う人物との間の取引、お客様による適用条件の違反、またはお客様による知的財産権を含む他者の権利の侵害に起因してなされたあらゆる請求または要求(合理的な弁護士報酬を含む)について、アドビならびにその子会社、関連会社、役員、代理人、従業員、共同ブランド業者もしくはその他のパートナーおよびライセンサーに対し補償し、それらの者が損害を被らないようにすることに同意するものとします。

12.3 お客様は、本サービスまたはマテリアルにアクセスしたり、使用したりすることで、侮辱的、いかがわしい、またはその他の形で好ましくないとお客様が見なす可能性のある、他のユーザーからのマテリアル(共有グループマテリアルを含む)にさらされることがあることを了承し同意し、そのリスクを受け入れることに同意するものとします。

13. 保証の排除

お客様は、適用法で認められる最大の範囲で次の内容を明示的に理解し同意するものとします。

13.1 本サイト、サービスおよびマテリアルは、明示的、黙示的、法定、またはその他のいずれの保証であるかを問わず、権原、権利不侵害、平穏享受、商品性、または特定目的適合性の黙示的保証を含む、いかなる種類の保証もなしに「現状有姿」でアドビから提供されます。この規定を制限することなく、アドビおよびそのライセンサーは、(a)本サイト、サービスまたは本マテリアルがお客様の要件を満たす、もしくはこれらが常に提供される、これらに中断がない、遅延がない、安全である、もしくはエラーがないこと、(b)本サイト、サービスまたはマテリアルの使用から得られる結果が有効である、正確である、もしくは信頼できるものであること、(c)本サイト、サービスまたはマテリアルの品質がお客様の期待に応えるものであること、または(d)本サイト、サービスまたはマテリアル内のエラーもしくは欠陥が修正されることについて、一切保証するものではありません。お客様がアドビから、または本サービスの使用を通じて、もしくは本サービスの使用から得たいかなる助言または情報(口頭か書面かを問わない)によっても、適用条件に明示的に記載された以外の保証が生じることはないものとします。

13.2 アドビは特に、お客様がサービスを使用したりまたは参加した結果として、およびマテリアルを使用した結果として生じた行為に関する一切の責任を排除します。本サービスの使用を通じてダウンロード、入手、またはその他の形で取得した本マテリアルは、お客様自身の裁量およびリスクでアクセスしたものであり、かかるマテリアルをダウンロードした結果として生じたお客様のコンピューターシステムへの損害またはデータの消失についての責任はお客様が単独で負うものとします。アドビは、本サービスのいずれかからお客様のコンピューターにダウンロードされたコンピューターウイルスまたはこれに類するコードについて何ら責任を負うものではありません。

13.3 アドビは、リンク先サイトを通じてアクセス可能な、第三者が提供するマテリアルまたはサービスについて、管理や推薦をしたり、または責任を負うものではありません。アドビは、かかる第三者またはかかる第三者のマテリアルもしくはサービスについて、いかなる表明または保証を行うものではなく、またそれらについて一切責任を負わないものとします。お客様とかかる第三者との間のあらゆる取引は、お客様自身のリスクで行うものです。

13.4 管理者、ホスト、参加者、モデレータおよびその他のサードパーティは、アドビのスポークスパーソンとして権限を許諾された者ではなく、それらの人物の見解は、必ずしもアドビの見解を表すものではありません。アドビは、適用法令により認められる最大限の範囲に限り、ユーザーマテリアルに関連して知的財産権、名誉毀損、プライバシー、パブリシティー、猥褻物、またはその他の法令に基づいて生じるいかなる責任も負わないものとします。アドビはまた、ユーザーマテリアルの使用、誤使用、消失、変更、または利用不能に関するすべての責任も排除します。

13.5 アドビは、本サイトまたはいずれかの本サービスもしくは本マテリアルに関連して、お客様のパスワードまたはアカウントまたはアカウント情報が他者に使用された結果として生じるいかなる損失についても、お客様がこれを知っていたか否かを問わず、責任を負わないものとします。

13.6 法域によっては、特定の保証の排除、黙示的保証の制限もしくは排除、または黙示的保証の存続期間に関する制限が認められない場合があるため、前述の制限はお客様に適用されない場合があります。

14. 責任の制限

14.1 アドビ、その役員、取締役、従業員、パートナー、ライセンサー、またはサプライヤーは、いかなる場合においても、お客様またはその他の人物に対して、使用、データ、または利益の喪失の結果として生じた損害を含め、いかなる特別損害、偶発的損害、間接損害、派生的損害、または懲罰的損害についても、予見可能なものか否か、アドビがかかる損害の可能性について知らされていたか否か、または契約もしくは保証の違反、過失責任、またはその他の不法行為責任、または本サイト、サービスまたはマテリアルの使用またはそれらへのアクセスに起因もしくは関連するその他のいずれの請求を含むいずれの責任法理に基づくものであるかを問わず、責任を負わないものとします。適用条件のいかなる規定も、アドビもしくはその従業員の重過失もしくは故意の違法行為、または死亡もしくは人身傷害に関するアドビの責任を制限または排除するものではありません。

14.2 本契約の下でまたは本契約に関連して、アドビ、その関連会社、ライセンサー、およびサプライヤーが負う損害賠償責任の総額は、100米ドルまたはかかる賠償責任の原因となる出来事が発生する前の3か月間にお客様が本サービスへのアクセスに支払った総額のいずれか高い方を上限とします。この制限はアドビがかかる損害の可能性を知らされていた場合、および制限付き救済方法が本質的な目的を果たさない場合にも適用されます。

14.3 本第14条の制限および除外は、お客様が所在する管轄の法律により許可される最大の範囲において適用されます。法域によっては、偶発的損害、派生的損害、または懲罰的損害に関する責任の排除または制限が認められない場合があります。したがって、前述の制限および排除はお客様に適用されない場合があります。

15. 調査

15.1 アドビは、独自の裁量においていつでも、本サービスおよびマテリアルを監視またはレビューすることができます(ただし義務を負うものではありません)。この規定を制限することなく、アドビは、独自の裁量において、お客様のマテリアルが適用条件または適用法令に違反している場合を含め、理由の如何(または理由の有無)を問わず、お客様のマテリアルを削除する権利を有するものとします。

15.2 アドビは、通常、本サービスまたは本マテリアルに関連するユーザーの行動を監視しませんが、適用条件の条項に違反している恐れがあるとアドビが認識した場合は、アドビは、かかる違反を調査する権利を有するものとします。また、アドビは、独自の裁量によって、お客様への事前の通知なしに、お客様の権利(本サービスまたはマテリアルの使用権利を含む)を直ちに終了すること、またはお客様のマテリアルやアカウント情報の全部もしくは一部を変更、改変、削除することができます。かかる調査の結果、犯罪行為があったとアドビが考える場合、アドビは、所轄官庁にかかる事件を通報して協力する権利を有するものとします。アドビは、適用法令で禁止されている範囲を除き、アドビが独自の裁量で必要または適切と考える場合は、次のいずれかの目的のために、お客様の本サービスの使用に関連してアドビが所有するあらゆる情報またはマテリアル(お客様のマテリアルもしくはアカウント情報またはその要素を含む)を保持・開示する権利を有するものとします。(a)適用法令、法律上の手続または政府の要請を遵守するため、(b)適用条件を執行するため、(c)お客様のマテリアルが適用条件に違反または第三者の権利を侵害しているという主張がなされた場合にそれに対処するため、(d)カスタマーサービスに対するお客様の要求に対処するため、(e)アドビ、そのユーザーまたは一般市民を含む第三者の権利、財産、または個人の安全を保護するため。

16. フィードバック

お客様はアドビにアイディア、提案、提言(以下、「フィードバック」といいます)を提供する義務は一切ありません。ただし、お客様がアドビにフィードバックを提供した場合、アドビはお客様に報酬を支払うことなく、目的に応じてそのフィードバックを使用する場合があります。

17. 著作権侵害の通知

17.1 アドビは他者の知的財産権を尊重し、ユーザーにも他者の知的財産権を尊重することが期待されます。アドビは、著作権侵害の通告内容を調査し、合衆国法典第17編第512(c)(2)条、デジタルミレニアム著作権法(以下、「DMCA」といいます)に従って適切な対策を講じます。かかる通知へのアドビの対処としては、侵害していると主張されているマテリアルを削除もしくはアクセス不能にする、侵害を繰り返したユーザーのアカウントを停止する、または問題のマテリアルを投稿したユーザーが状況に応じて対抗通知を行うことができるようかかるユーザーに誠実に連絡を試みる、もしくはそのすべてを行うことが考えられます。

17.2 お客様の著作物が著作権侵害とみなされる方法で利用または複製されたとお客様が思われ、かつ、かかる侵害が本サービスで、または本サービスにリンクされたWebサイトで、あるいは本サービスやマテリアルに関してホストされている場合は、DMCAに従い、以下の事項をすべて記載の上、著作権侵害主張の通知を書面にて(電子メールまたは電話ではなく)通常郵便かFAXで、アドビの著作権エージェント(連絡先は下記)まで提出してください。

(a) 侵害されたと主張する著作権法上の権利の帰属者から代理権を付与された者の署名、または電子署名。

(b) 侵害されたと主張する著作権で保護された著作物の説明、ならびに、かかる著作物を侵害していると主張するマテリアル、および削除を要請する部分、またはアクセス不能にすべき部分の特定。

(c) 侵害していると主張するマテリアルが、本サービス内で掲載されている場所の説明。

(d) お客様の住所、電話番号、電子メールアドレス等、アドビがお客様に連絡を取るのに十分な情報。

(e) お客様の通知書にて特定された表現内容の、お客様の主張にかかる方法でのマテリアルの使用が、著作権者、その代理人、または法律のいずれからも許諾されていないとお客様が信じる合理的理由がある旨を記載したお客様の陳述書。

(f) お客様の通知書記載の情報が正確である旨および(偽証罪の適用があり得ることを認識した上で)お客様が著作権者である、または著作権者を代理する権限を有する旨を記載したお客様の陳述書。

かかる通知を提出する前に、問題の著作物の使用が「フェアユース」の原則で保護されていないかどうかを慎重に検討してください。実際に侵害が存在しないのに侵害を主張する通知を送付すると、費用および弁護士報酬の支払義務が発生する恐れがあります。お客様の著作権物の使用が侵害と見なされるかどうか確信がない場合は、弁護士に相談してください。さらに、www.chillingeffects.orgなどの一般公開された参考資料も参照してください。

17.3 お客様のマテリアルへのアクセスが、著作権侵害に関する不適切な通知の結果、アドビによってアクセス不能または削除されたとお客様が思われる場合、DMCAに従い、以下の事項をすべて記載の上、書面にて(電子メールまたは電話ではなく)通常郵便かFAXで、アドビの著作権エージェント(連絡先は下記)まで通知を提出してください。

(a) 加入者の署名、または電子署名。

(b) 本サービスから削除されたマテリアルの特定および本サービス内でマテリアルが削除される前に表示されていた場所。

(c) 誤り、または削除もしくはアクセス不能とすべきマテリアルの不正確な伝達の結果としてマテリアルが削除された、またはアクセス不能とされたとお客様が信じる合理的理由がある旨を(偽証罪の適用があり得ることを認識した上で)記載したお客様の陳述書。

(d) お客様の住所、電話番号、電子メールアドレス等、アドビがお客様に連絡を取るのに十分な情報。

(e) お客様の居住地(お客様が米国以外に居住の場合はカリフォルニア州サンタクララ郡)の連邦裁判所を管轄裁判所とすることに同意し、かつDMCA第(c)(1)(C)項に基づいて通知した者またはその代理人からの送達を受理する旨の陳述書。

かかる対抗通知を提出する前に、問題の著作物の使用が権利侵害に該当しないかどうかを慎重に検討してください。マテリアルが誤って削除されたと主張するお客様の対抗通知が誤りであると裁判所に判断されると、費用および弁護士報酬の支払義務が発生する恐れがあります。問題の著作権物の使用が侵害と見なされるかどうか確信がない場合は、弁護士に相談してください。さらに、www.chillingeffects.orgなどの一般公開された参考資料も参照してください。

17.4 著作権侵害の通知を受け付けるアドビの著作権エージェントの宛先は以下の通りです。

郵送先:
Copyright Agent
Adobe Systems Incorporated
601 Townsend Street
San Francisco, CA 94103
U.S.A.

FAX番号:(415) 723-7869
電子メールアドレス:copyright@adobe.com
電話番号:(408) 536-4030

著作権エージェントは、侵害すると申し立てのあるマテリアルに関する電話または電子メールによる通知に対応して、本サービスからマテリアルを削除することはありません。なぜなら、著作権者またはその代理人として認められた者が、偽証罪の適用があり得ることを認識した上で、有効なDMCA通知に署名する必要があるからです。かかる通知は、FAXまたは郵送でのみ提出し、その際、本条のその他の定めに従ってください。お客様の著作物が著作権侵害にあたる方法で使用または複製され、かつ、かかる侵害が本サービス、本サービスにリンクしているサイト、もしくはサイトからリンクされている本サービス上で、または本サービスもしくはマテリアルに関連して生じたものとお客様が思われる場合に限り、著作権エージェントにご連絡ください。著作権エージェントに対するその他の問い合わせには、一切対応いたしません。

18. 広告とお客様のマテリアル

お客様は、アドビがお客様のマテリアルに隣接する場所に広告を表示することができること、およびお客様はいかなる対価をも得る資格がないことに同意するものとします。アドビが本サービスやお客様のマテリアル上で、またはこれらに関連して行う広告またはその他の収益創出モデルの態様、形態および範囲は、お客様への具体的な通知なく変更されることがあります。

19. その他のサイトへのリンク

本サービスおよびマテリアルには、アドビが運営していないWebサイトまたはサービスに進むリンクが含まれる場合があります。リンクがアドビによって厚意で提供されていたか、またはユーザーによって掲載されていたかに関わらず、アドビはアドビ以外のWebサイトまたはサービスを管理することはできません。お客様は、アドビが運営していないWebサイトまたはサービスの利用可能性またはコンテンツに対して、アドビは責任を負わないことに同意するものとします。

20. 解約

20.1 お客様による解約

(a) サービスの個人的な使用者またはグループ管理者として、お客様は本サービスの使用をいつでも中止することができます。お客様は共有を中止することで、お客様の共有マテリアルを配布、公的に実行、および公的に表示するアドビの権利を終了することができます。お客様は、お客様のマテリアルを手動で削除するか、カスタマーケアに連絡してお客様のサブスクリプションをキャンセルし(該当する場合)、コンテンツの削除を依頼することにより、本サービスからお客様のコンテンツを削除して、アドビの残りの権利を終了することができます。お客様のサービスアカウントを解約するには、http://www.adobe.com/go/support_contact_jpからサポートにご連絡ください。解約の前にお客様によって支払われた料金は返金されません。お客様がアカウントを解約しても、未払いの料金を支払う義務が解消されるわけではありません。

(b) サービスのグループ管理者として、お客様はサービスへの個人ユーザーのアクセスをいつでも終了できます。

20.2 アドビによる解約 特定のサービスの追加条件および関連するサブスクリプションサービスの利用条件に従って、アドビは、以下の場合にいつでもお客様との契約(または個々の追加条件)を解約することができます。

(a) お客様が適用条件のいずれかの規定に違反した(またはお客様が適用条件に従う意思がないか、従うことができないことを明らかに示す行動をとった)場合。

(b) 適用法令によりアドビが本契約を解約することが義務付けられた場合(例えば、お客様に対する本サービスまたはマテリアルの提供が違法である、または違法となった場合)。

(c) アドビによるお客様に対する本サービスの規定が、商業的に実行可能ではなくなったとアドビが判断した場合。

(d) アドビが本サービスもしくはマテリアル(またはそれらの一部)の提供を終了することを選択した場合。

(e) お客様のアカウントが長期間使用されなかった場合。

20.3 サービスの解約または停止 アドビは、理由の如何を問わず、お客様のアカウントやサービスへのアクセスを終了もしくは一時停止することもできます(特定のサービスには追加条件が適用されます)。特定のサービスに適用される追加条件に定める場合を除き、アカウントの解約には次の内容が含まれます。(a)本サービスに含まれるすべての提供物へのアクセス権の削除、(b)お客様のマテリアル、アカウント情報(個人情報、ログインID、パスワードを含む)、およびお客様のアカウントに関連するかアカウント内部にあるすべての関連情報、ファイル、本マテリアル(またはその一部)の削除、および(c)本サービスの今後の使用の禁止。

20.4 お客様は、正当な事由による解約はすべてアドビの独自の裁量で行われること、ならびにお客様のアカウントの停止(およびそれに伴うお客様のアカウント情報の削除)、または本サービスおよび本マテリアル(お客様のマテリアルを含む)へのアクセスの停止について、アドビがお客様または第三者に対して責任を負わないことに同意するものとします。

20.5 適用条件の期間満了または解約に伴い、お客様は本サービスおよび本マテリアルの使用を速やかに停止するものとします。ただし、お客様が許諾した永久的なライセンス、本契約での補償義務、アドビの損害責任の排除と制限、第8条~第10条、第12条~第16条、第18条、第20条、第23条、および第24条は、適用条件の解約後または期間終了後も存続します。

20.6 お客様またはアドビにより、正当な理由以外のその他の理由で本サービスの使用を終了する場合、アドビは、登録の一環としてお客様がアドビに提供した電子メールアドレス宛てに、終了の最低30日前までにお客様に通知を送信するよう妥当な努力をし、終了前にお客様のマテリアルを取り出す方法を説明します。

20.7 お客様のグループ管理者がサービスへのお客様のアクセスを終了した場合、お客様は、お客様またはグループの他のユーザーがそのサービス内の共有ワークグループまたは共有ワークスペースに掲載した共有マテリアルにアクセスできなくなります。ただし、上記の第9条2項に従って、お客様のアカウントに保存したマテリアルにはアクセスできます。

20.8 追加条件および適用されるサブスクリプション条件に別段の定めがない限り、これらの条件の違反以外の理由でアドビが本サービスを終了する場合、アドビは一般利用条件に従って通知を行い、本サービスの支払い済みの未使用分に対して日割りで返金します。

21. 米国以外に居住するユーザー

21.1 本サービスには、世界中の国々からアクセスすることができ、お客様の国で提供されていないサービスおよびマテリアルへの言及が含まれる場合があります。これらの言及は、アドビがかかるサービスまたはマテリアルをお客様の国において発表する意図があることを暗示するものではありません。

21.2 これらのサービスの管理運営は、アドビ システムズ社が米国内にあるオフィスから行っています。アドビは、本サービスまたはマテリアルが米国外の場所での使用に適切であることまたは使用が可能であることについていかなる表明も行うものではありません。アドビは、特定の米国外のユーザーからの本サービスまたはマテリアルへのアクセスを阻止する権利を留保します。お客様が米国外の場所から本サービスにアクセスする場合、お客様は現地のすべての法令を遵守する責任を負います。

22. 輸出規制

お客様は、本サービス、ソフトウェア、マテリアルには米国の輸出管理規則、および輸出に関するその他の法規と制限(以下、総称して「輸出法」といいます)が適用されること、ならびにこの輸出法を遵守する必要があることを了承します。本ソフトウェアやマテリアルは、直接的または間接的を問わず、(a)米国の輸出規制を受ける国(現時点ではキューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリアを含むが、これに限らない)(以下、それぞれを「輸出禁止国」といいます)、(b)核兵器、化学兵器、生物兵器、ロケットシステム、宇宙船打ち上げ機、気象観測ロケット、無人機システムなどの設計、開発、製造に使用する(以下、それぞれを「禁止される使用」といいます)とお客様が知るまたは知る理由のあるエンドユーザー、(c)米国政府の連邦機関によって米国輸出取引への参加が禁じられているエンドユーザー(以下、それぞれを「禁止される当事者」といいます)に輸送、移転、輸出、または再輸出することはできません。さらにお客様は、本ソフトウェアを輸入、輸出、使用する権利に影響する管轄区域の現地法を遵守する責任があります。お客様は、(i)輸出禁止国の国民ではなく、かつ、それらの国に居住していないこと、(ii)本サービス、ソフトウェア、またはマテリアルの受領を禁止される使用に使わないこと、および(iii)お客様が禁止される当事者ではないことを表明および保証します。本サービス、ソフトウェア、およびマテリアルを使用する一切の権利は、お客様が本契約の条件に違反するとただちに失われます。これらへの違反が発生したことをアドビが知った場合、アドビは本サービス、ソフトウェア、またはマテリアルのメンテナンスとサポートの提供を禁じられることがあります。

23. 紛争解決

23.1 裁判地 お客様は、お客様からアドビへのあらゆる請求または紛争は、別途両当事者間で合意があった場合、米国カリフォルニア州サンタクララ郡所在の裁判所によって解決することに同意するものとします。お客様は、かかる請求または紛争の訴訟について、米国カリフォルニア州の法律が適用される場合は、カリフォルニア州サンタクララ郡所在の裁判所が対人管轄権を有し、アイルランドの法律が適用される場合は、アイルランド、ダブリンの裁判所が対人管轄権を有することに同意するものとします。両当事者は特に、国際物品売買契約に関する国連条約(U.N. Convention on Contracts for the International Sale of Goods)の適用を排除します。

23.2 お客様がアドビに対して提起するすべての請求は、本条に従って解決するものとします。本条に従わずに申し立てられた、または提起されたすべての請求は、不適切に申し立てられたと見なされるものとします。お客様が本条に従わずに請求を申し立てた場合、アドビは、1,000米ドルを上限として弁護士報酬および費用を回収することができるものとします。ただし、アドビが不適切に申し立てられた請求について書面にて通知を行い、お客様が適切に請求を取り下げなかった場合に限ります。

23.3 以上の規定に関わらず、お客様または他者が適用条件に違反して本サービスまたはマテリアルへの不正なアクセスまたは使用を行った場合は、お客様は、アドビがあらゆる法域において差止救済(またはこれに相当する緊急の法的救済)を求めることができることに同意されるものとします。

24. 雑則

24.1 英語版 本契約書を解釈するにあたっては、本契約の英語版を使用します。

24.2 アドビへの通知 適用条件に基づくアドビへのあらゆる通知は、345 Park Avenue, San Jose, California 95110-2704, Attention: General Counselへ送付するものとします。

24.3 お客様への通知 アドビからの通知は、適用条件の変更に関する通知を含め、電子メール、郵便、テキストメッセージ、本サービス上もしくは本サービス内での掲載、または現時点では未知であるが今後開発されるその他の合理的な手段を使用します。

24.4 完全なる合意 適用条件は、本サービスおよびマテリアルへのアクセスまたはそれらの使用に関するアドビとお客様の間の合意のすべてを表すものであり、当該目的事項に関するお客様とアドビの間のあらゆる従前の合意に取って代わるものです。

24.5 譲渡禁止 お客様は、アドビによる書面の同意なく、適用条件、または本条件に基づくいかなる権利も譲渡またはその他の形で移転することはできません。適用条件下でのアドビの権利は、アドビが譲渡できます。

24.6 可分性 適用条件のいずれかの規定またはその一部が、何らかの理由により、管轄裁判所によって執行不能と判断された場合、かかる規定は、かかる規定に反映されている両当事者の意図を実現すべく認められる最大限の範囲で執行され、適用条件の残りの部分は完全に有効かつ執行力があるものとして存続するものとします。

24.7 権利放棄 アドビが適用条件のいずれかの規定、またはいずれかの関連する権利を執行または行使しなかった場合でも、かかる規定または権利の放棄とは見なされないものとします。

24.8 問題の報告 適用条件の違反があった場合には、違反であると主張する行為が発生している特定の本サービスに関連して提供されている問題通報機構を通じて通報してください。

24.9 お客様が本サービスのいずれかの部分に参加またはそれを使用することを禁止している可能性のある法律にお客様自身が精通していること、およびお客様がかかる法律を遵守することは、すべてお客様の責任となります。

Adobe_General_Terms_of_Use-ja_JP-20121016_1205



追加利用条件

Acrobat.com
Acrobat Connect
Adobe Content Server 4
Adobe Edge Web fonts
Adobe Flash Platform Services
Adobe Wave
CSサービス
DIGITAL PUBLISHING SUITE
ADOBE TRANSLATOR
Adobe Typekit
PHONEGAP BUILD
Document Center
Photoshop.com
Flash Playerプレミアム機能

法律上の注意事項