Adobe Experience Cloudプライバシー

最終更新日:2020年7月28日

 

Adobe Experience Cloudソリューションは、アドビの企業顧客が各社のWebサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアページ調整し、そのパフォーマンス向上させるためのソリューションです。これらの企業は、Adobe Experience Cloudソリューション使用することで、自社Webサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアページおける訪問者クリック数などの情報を収集して分析したり、 電子メール、テキストメッセージ、その他オンラインオフラインマーケティングキャンペーン内で、より関連性高いメッセージお客様提供したりすることができます。一般に、Adobe Experience Cloudソリューションは、企業オンラインリソースマーケティングついて把握して、改善する必要ある場合使用されます。

 



 

Adobe Experience Cloudには、どのようなタイプのソリューションが含まれていますか?

Adobe Experience Cloudソリューションは、次の一般的な4つのカテゴリーに大別されます。

測定ソリューション:企業が、お客様によるWebサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアページ利用状況や、お客様のオンラインマーケティングキャンペーンとのやり取り測定して把握できます。

調整ソリューション:企業が、新しいコンテンツテストし、お客様関心合わせてWebサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアページ、電子メール調整できます。

コンテンツ管理ソリューション:企業が、Webサイト上、アプリケーション内、オンラインマーケティング資料内画像その他コンテンツ保存、更新、配布できます。

広告ソリューション:企業が、Webサイト、アプリケーション、検索エンジン、ソーシャルメディア表示するオンライン広告改善できます。また、電子メール、テキストメッセージ、その他オンラインオフラインマーケティングキャンペーン送信することもできます。

これらの4つの各カテゴリーにおいて、企業はソリューション利用可能機械学習技術用いて、ソリューション使用伴う特定データ要素処理自動化することができます。

 

企業がAdobe Experience Cloudを使用するときに、どのような情報が収集されますか?

Adobe Experience Cloudソリューションを使用する企業は、どのような情報を収集してAdobe Experience Cloudアカウントに送信するかなど、ソリューションの使用方法に関する選択をおこないます。その企業のAdobe Experience Cloudソリューションと管轄区域に応じて、以下をはじめとした情報が収集される可能性があります。

  • その企業のWebサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアページ上でのお客様がアクセスした場所と操作内容
  • お客様の閲覧活動(お客様が訪問したその企業のWebページのURLを含む)
  • お客様がその企業のWebサイトに移動するためにクリックしたリンクが表示されていたページのURL
  • お客様が実行し、その企業のWebサイトに移動するきっかけとなったWeb検索
  • お使いのWebブラウザーおよびデバイスに関する情報(デバイスタイプ、ブラウザータイプ、広告ID、オペレーティングシステム、接続速度、表示設定など)
  • お客様のIPアドレス(または、企業によるソリューションの構成によってはIPアドレスの一部)。お客様のおおよその所在地を特定するために使用される場合があります
  • お使いのモバイルデバイスまたはWebブラウザーからの位置情報
  • ソーシャルメディアプロフィール情報
  • お客様がその企業のWebサイトまたはアプリケーションで提供したり、その企業のソーシャルメディアページと情報のやり取りをおこなうときに提供したりする可能性のある情報(登録フォームで提供する情報など)
  • 広告キャンペーンの成功率(お客様が企業の広告をクリックしたかどうかや、広告を閲覧またはクリックしたことがその企業の製品の購入につながったかどうかなど)
  • お客様がその企業のWebサイトまたはアプリケーションで購入したり、ショッピングカートに入れたりした商品

 

企業はAdobe Experience Cloudをどのように使用して情報を収集しますか?

Cookieおよび類似したテクノロジーAdobe Experience Cloudソリューションを使用すると、企業はWebビーコン(タグやピクセルとも呼ばれます)などのCookie および類似したテクノロジーを使用して、会社のWebサイトに関連した情報を収集できます。お使いのブラウザーのCookie設定を調べると、アドビが所有するドメイン(omtrdc.netやdemdex.netなど)からのCookieが含まれている場合があります。これらのCookieは、訪問先のWebサイトによって設定されるものではないため、大半のインターネットブラウザーでは「第三者Cookie」に分類されます。Adobe Experience Cloudを使用する企業は、独自のCookie(「ファーストパーティCookie」)を使用する場合があります。

モバイルAdobe Experience Cloudテクノロジーは企業のモバイルアプリ内で使用される場合もあります。これらのテクノロジーにより企業は、お客様によるその企業のモバイルアプリケーションの利用状況や、お使いのモバイルデバイスがアプリケーションに提供する位置情報などの情報を、Adobe Experience Cloudアカウントに送信できるようになります。詳しくは、各企業のプライバシーポリシーに加え、モバイルデバイスメーカーから提供されているプライバシー情報を参照してください。

ソーシャルメディアお客様がソーシャルメディアページを使用する場合、そのページを運営している企業は、お客様が訪問するソーシャルメディアサイト経由でお客様に関する特定の情報をAdobe Experience Cloudアカウントに送信できることがあります。大半のソーシャルメディアサイトでは、ユーザーが自分に関する情報の使用方法を設定できるようになっています。詳しくは、お使いのソーシャルメディアサイトのプライバシーポリシーを参照してください。

Adobe Experience Platform LaunchAdobe Experience Platform Launchとその前身であるAdobe Dynamic Tag Managementは、これらのタグ管理製品の一部としてタグ処理に関するデータを収集しません。Tag Manager自体には、ページ上の処理に関する使用状況の追跡機能はありません。タグが展開されていない場合、Adobe LaunchおよびDTMはCookieを設定せず、ネットワーク呼び出しもおこないません。アドビサービスの企業顧客によって使用される場合、Adobe Experience Platform LaunchおよびDTMは、お客様が他のAdobe Experience Cloudソリューション向けに指定したタグが入ったライブラリを(i)顧客自身のホスティングプロバイダー(推奨)または(ii)第三者コンテンツ配信ネットワーク(CDN)のいずれかに配信します。いずれのシナリオでも、タグ配信先のホストされているサーバーは、アドビによって所有または管理されず、アドビはそれらのサーバーに対するリクエストのサーバーログを所有していません。

 

企業は、Adobe Advertising Cloudで健康関連セグメントをどのように使用していますか?

アドビは、Adobe Advertising Cloudソリューションの一部として、第三者データプロバイダーが提供する特定の健康関連セグメントを、Adobe Advertising Cloudを使用する企業に提供しています。企業は、適用法および業界ガイドラインで使用が許可されている範囲で、これらのセグメントが当社のソリューションを使用している場合にターゲティング広告をおこなう目的で、これらのセグメントを使用することができます。これらのデータセグメントは、一般に次のカテゴリーに分類されます。(1)健康関連分野での職業、(2)健康関連のトピックと条件(特定の条件ではない)、(3)健康保険への関心、(4)食事、フィットネス、減量と健康的なライフスタイル、(5)パーソナルヘルスケア、視覚ケア、身づくろい、美容のための消費財とサービス、(6)市販薬、治療薬、栄養補助食品、(7)健康関連の慈善団体。企業がアドビのソリューションを使用したターゲッティング広告に使用できる、第三者データプロバイダー提供の健康関連セグメントの一覧については、ここをクリックしてください。

 

企業によるAdobe Experience Cloudソリューションの使用について、どのようなプライバシーに関する選択肢がありますか?

企業によるAdobe Experience Cloudソリューションの使用方法について詳しくは、各企業のプライバシーポリシーを参照してください。アドビでは、以下の項目について説明したプライバシーポリシーを提供するよう企業顧客に対して求めています。

  • Adobe Experience Cloudに関連した各社のプライバシー基準
  • Adobe Experience Cloudに関連して各社によっておこなわれる情報の取得または使用を設定する方法

Cookieおよび類似したテクノロジーAdobe's Experience Cloud では、Cookieおよび類似したテクノロジーを使用して、企業が情報を収集できます。Cookieは大半のブラウザーで自動的に受け入れられるようになっていますが、通常は、すべてのCookieを拒否したり、訪問先Webサイト以外の企業によって設定されたCookieのみを拒否したりするよう、ブラウザーを構成することができます。Cookieを拒否するようブラウザーを構成すると、Adobe Experience Cloudソリューションを使用する企業のWebサイトで情報が収集されるのを防ぐことができます。お客様が、企業によるAdobe Experience Cloudソリューションの使用からオプトアウトするための選択肢について詳しくは、プライバシーに関する選択肢を参照してください。

モバイル大半のモバイルデバイスでは、インタレストベース広告でのモバイル広告IDの使用を制限できます。詳しくは、モバイルデバイスメーカーによる説明をご確認ください。Digital Advertising AllianceのAppChoicesアプリケーションにも、モバイルアプリケーション内でのインタレストベース広告の受け取りをオプトアウトするための追加的なオプションが用意されている場合があります。お客様が、企業によるAdobe Experience Cloudソリューションの使用からオプトアウトするための選択肢について詳しくは、プライバシーに関する選択肢を参照してください。

電子メールとテキストメッセージAdobe Experience Cloudを使用する企業によって送信される営利目的の電子メールまたはテキストメッセージをオプトアウトする方法についてさらに詳しく知るには、メッセージ内に記載されているオプトアウトプロセスに従うか、各社のプライバシーポリシーを確認してください。モバイルプッシュ通知の受け取りをオプトアウトするには、モバイルデバイスメーカーによって提供される情報を確認してください。

Adobe Experience Cloud Device Co-opAdobe Experience Cloud Device Co-opは、Adobe Experience Cloudの参加企業が複数のデバイスにわたって消費者を効果的に識別するためのデータ協業ネットワークです。各参加企業は、暗号化およびハッシュ化されたログインIDやHTTPヘッダー情報など、消費者に関するテクニカル情報をCo-opに提供します。ただし、名前、電子メールアドレス、電話番号などの個人の特定につながる情報がCo-opと共有されることはありません。Co-opは、テクニカル情報を組み合わせて処理することにより、同一人物(この人物が個人としてCo-opによって特定されることはありません)によって複数のデバイスがいつ使用されているかを認識し、デバイス間にリンクを作成します。参加企業は、これらのデバイスリンクを使用して、各社のサイトまたは広告にアクセスしていることが既に確認されているデバイスをリンクし、デバイス間で一貫性のあるエクスペリエンスとマーケティング活動を提供できるようにします。Co-opの仕組みやオプトアウトについての詳細をご確認いただけます。

インタレストベース広告アドビは、以下のインタレストベース広告自主規制グループに加盟しています。

アドビは、NAI行動規範やその他の該当するNAIガイダンスを含む、これらのグループの加盟要件に準拠しています。企業によるAdobe Experience Cloud広告ソリューションの使用をオプトアウトする方法など、インタレストベース広告について詳しくは、各グループのサイトを参照してください。

お客様が、企業によるAdobe Experience Cloud広告ソリューションの使用からオプトアウトするための選択肢について詳しくは、プライバシーに関する選択肢も併せて参照してください。

Adobe Experience Cloud広告ソリューションを使用してWebサイトでの活動履歴に基づいて表示されるインタレストベース広告は、オプトアウトした後は表示されなくなります。当社の広告ソリューションを使用する企業からの広告は引き続き表示されますが、お客様のWeb閲覧履歴や関心事にもとづいて表示されるわけではありません。オプトアウトすると、少なくとも1つのオプトアウトCookieがアドビによってお使いのブラウザーに配置されます。Cookieを削除したり、ブラウザーまたはデバイスを変更する場合は、このオプトアウトプロセスを繰り返す必要があります。また、このオプトアウトプロセスは、ブラウザーが第三者Cookieを受け入れるよう設定されている場合にしか機能しません。

IABによる透明性と同意フレームワーク アドビは、IAB ヨーロッパによる「透明性と同意フレームワーク」にベンダーとして参加し、その仕様とポリシーに準拠して、Adobe Advertising CloudおよびAdobe Audience Managerソリューションを企業顧客に提供しています。フレームワークでのアドビのID番号は、Adobe Advertising Cloudが「GVL ID 264」、Adobe Audience Managerが「GVL ID 565」です。

 

Adobe Experience Cloud広告ソリューションを使用する企業に代わって収集された情報は、どのぐらいの期間保存されますか?

前述したとおり、Adobe Experience Cloud広告ソリューションでは、Cookieおよび類似したテクノロジー、ならびにモバイルテクノロジーを使用することで、企業がお客様によるWebサイトおよびアプリケーションの利用状況に関する情報を収集し、より関連性の高い広告を提供できるようにしています。これらの広告は「インタレストベース広告」と呼ばれることがよくあります。アドビは通常、これらの情報を収集した後、Adobe Experience Cloud広告サービス内に最大で25か月間保存します。Adobe Experience Cloud広告サービスを使用する企業は、アドビのテクノロジーを使用してデータを収集したり、後述するように、Adobe Experience Cloudを使用して収集する情報にその他の情報を追加したりする場合があります。これらの場合、アドビはその企業の指示に従ってデータを保存します。 

 

企業はどのような情報をAdobe Experience Cloudにアップロードできますか?

一部のAdobe Experience Cloudソリューションは、企業がAdobe Experience Cloudアカウントへ情報をアップロードできるよう設計されています。そのため、Webサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアページ上で収集した情報や、第三者データプロバイダーなどのその他のソースから収集した情報が企業によってアップロードされることがあります。 

 

アドビは、企業顧客がAdobe Experience Cloudを使用して収集する情報を共有しますか?

アドビは、アドビプライバシーポリシーまたはAdobe Experience Cloud Device Co-opに定められているか、企業顧客から依頼された場合を除き、企業顧客の情報を共有しません。Adobe Experience Cloudを使用する企業のプライバシー基準について詳しくは、各社のプライバシーポリシーを確認してください。

企業がAdobe Digital Indexなどのレポートを公開する目的で、アドビに対して個人の特定につながらない方法でのデータ集計を許可することがよくあります。