よりパーソナライズされた顧客体験の提供を目指し、ANAが先行利用


【2015年9月15日】
アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、本日、クロスチャネルキャンペーン管理ソリューション「Adobe Campaign」の国内市場での本格展開を開始したことを発表しました。アドビのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」を構成する8つのソリューションの一つであるAdobe Campaignは、Web、Eメール、ソーシャルメディア、モバイルなどのオンラインチャネルと、コールセンター、ダイレクトメール、POS端末などのオフラインチャネルを含む、オムニチャネルでのマーケティングを自動化することで、より効率的に顧客とのOne to One コミュニケーションを実現するソフトウェアです。2014年の提供開始以来グローバルで600社以上の企業に導入されており、国内では全日本空輸株式会社 (以下、ANA) がAdobe Campaignを先行利用しています。

Eメールやスマートフォンのメッセージングアプリによるプッシュ通知やソーシャルメディアの普及に伴い、企業はよりリアルタイムに顧客へと情報発信することが可能になりました。従来は、顧客とのOne to One コミュニケーションには手間とコストがかかっていましたが、クロスチャネルキャンペーン管理ソリューションを活用したマーケティングオートメーションにより、企業は顧客ロイヤリティの向上と業務の効率化を実現することができます。

アドビは、日本市場のニーズに対応するため、国内通信事業者各社の携帯メールやSNSなど日本特有のチャネルへの対応も進めているほか、Adobe Campaignの基本的な機能をわかりやすく紹介する日本語によるクラスルームトレーニングを提供します。また、アドビのコンサルティングサービスであるAdobe Consultingや、トランスコスモス株式会社、シンフォニーマーケティング株式会社、株式会社ディレクタスといったパートナーによるカスタマイズしたサービス設計の選択肢も提供します。

Adobe Campaignの特長

  • Adobe Marketing Cloudの他ソリューションとの連携で、より魅力的な顧客体験を実現
    分析ソリューション「Adobe Analytics」やWebコンテンツ管理ソリューション「Adobe Experience Manager」をはじめとするAdobe Marketing Cloudソリューションと連携することで、企業は顧客の興味/関心をリアルタイムに把握することが可能になります。また、全ての顧客接点における一貫した、有意義なコンテンツの配信により、マーケターは顧客体験を向上し、業務効率を向上することができます。
  • オンプレミス、クラウド、ハイブリッドの柔軟な提供体系
    Adobe Campaignはクラウドだけでなく、オンプレミスでも対応できるため、強固なセキュリティが求められる金融、医療の企業や政府機関でも導入しやすいことが特長です。個人情報やCRMの情報はオンプレミスで管理し、Eメールやモバイルメッセージの配信のみクラウドで行うといったハイブリッド型にも対応しています。

ANAは、マーケティング活動に関わる様々な組織を横断した、顧客視点で一貫性のあるアプローチをより強力に推進するために、Adobe Analytics、Adobe TargetAdobe Audience ManagerAdobe Social を導入してデジタルマーケティング活動を強化してきました。これらのソリューションに加え Adobe Campaign を評価導入し、ひとりひとりの顧客に対して、より的確なコンテンツを、より適切なタイミングとチャネルを使って届けることを実現しています。

顧客/パートナーのコメント
ANA マーケティング室 マーケットコミュニケーション部 デジタルマーケティングチーム リーダー 冨満 康之 様
2015年4月の組織改編に伴い、デジタルマーケティングチームがペイド、オウンド、アーンドのトリプルメディアを活用したコミュニケーションを包括的に担当しています。日本独自のチャネルにも対応し、オンラインとオフラインにわたりパーソナライズされたクロスチャネルキャンペーンを展開できるAdobe Campaignを正式導入すれば、あらゆるタッチポイントでお客様に最適なコミュニケーションとサービスをご提供できると期待しています。

シンフォニーマーケティング株式会社
代表取締役 庭山 一郎 様
シンフォニーマーケティング株式会社はAdobe Campaignの国内市場での本格展開の開始を心より歓迎いたします。これからの日本企業が必要とする、営業機会を創出するためのデマンドセンターの構築にAdobe Campaignが果たす役割はとても大きいと期待しています。シンフォニーマーケティングでは、設立以来25年にわたりB to Bにフォーカスしたマーケティング支援を行ってきた経験とノウハウ活かし、マーケティング戦略策定から導入/運用サポートまで、Adobe Campaignを活用して企業が成果を出すために必要な様々なサービスをアドビとともに提供して参ります。

株式会社ディレクタス
代表取締役 岡本 泰治 様
多様な提供形態を持つAdobe Campaignが日本におけるマーケティングオートメーションの普及に弾みをつけることを期待しています。
私たちはB2C企業を中心としたOne-to-Oneマーケティングの戦略コンサルティングと運用の実績を活かして、Adobe Campaignのスムーズな導入とPDCAサイクル運用を支援する“伴走型”のサービスを提供する予定です。

トランスコスモス株式会社
執行役員 デジタルマーケティングサービス統括 責任者 井上 博文 様
トランスコスモスは、デジタルマーケティングプラットフォームとしてのAdobe Marketing Cloudを高く評価し、アドビのプレミアムパートナーとして、専任体制を構築しています。これまで、ANA様をはじめとするお客様企業への各種Adobe Marketing Cloudの導入および運用支援で培ったノウハウを活かし、今回本格リリースされるAdobe Campaignにおいても、お客様企業が目指すマーケティングオートメーションの実現を包括的に支援してまいります。

Adobe Consulting Servicesについて
デジタルマーケティングソリューションの導入をビジネス上の成果につなげるためには、効率と効果を獲得するために明確に定義されたプロセスと人材、リーダーシップが求められます。 グローバルの知見と業界別のナレッジに強みを持つAdobe Consulting Servicesは、Adobe Marketing Cloudの導入/運用支援に加えて、戦略立案から組織のコンサルティングまでお客様のニーズに合わせた包括的なサービスを提供します。

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe, the Adobe logo, Adobe Analytics, Adobe Campaign, Adobe Experience Manager, Adobe Audience Manager, Adobe Social, Adobe Marketing Cloud, Adobe Target and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口